善玉と悪玉。バランスを保たねば健康維持はできない。

血中を巡る4種類のリポたんぱく

コレステロールはたんぱく質と結合することで血液に溶け、新たなる成分”リポたんぱく”として、体中の隅々に運ばれていきます。

コレステロールを含む比重が高いものから順に、

HDL(High Density Liporotein:高比重リポたんぱく)
LDL(Low Density Liporotein:低比重リポたんぱく)
VLDL(Very Low Density Liporotein:超低比重リポたんぱく)
カイロミクロン(Cylomicron:乳び脂球)

今回の焦点となるのは、HDL(善玉)とLDL(悪玉)の2種類です。
では、これらのコレステロールは体内でどんな働きをするのでしょうか?

スポンサーリンク

善玉と悪玉、それぞれの役割

まず善玉コレステロール(HDL)の役割を見ていきましょう。
善玉コレステロールは、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDL)を血管壁から引き剥がし運ぶ役割をします。
HDLがいないと、血管壁はあっという間にズタボロ状態に……。
さしずめ善玉コレステロール(HDL)は、血管のゴミを焼却炉まで持っていくお掃除係です。

善玉(HDL)が体のスーパー清掃員ならば、悪玉(LDL)は細胞の汚染をもくろむ悪いヤツ……?

そんなことはありません。
悪玉コレステロール(LDL)は細胞膜や、女性ホルモン、男性ホルモンを作り出す重要な栄養素です。問題はそのバランス。
いくらスーパー清掃員でも、一人あたりにつき適切な仕事量を考えてあげないとやがて疲弊し倒れてしまいます。
その結果、放置された悪玉(LDL)はどんどん血管を傷つけていくのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿