動脈硬化率3倍!”超悪玉”コレステロール

超悪玉コレステロールとは

悪玉コレステロール(LDL)は細胞膜やカラダを作る原料。善玉コレステロール(HDL)は、過剰な悪玉コレステロールを回収し肝臓まで運ぶ役割をします。
悪玉(LDL)が善玉(HDL)量を大きく上回ったとき、未回収の悪玉コレステロールが血管壁にへばりつき、動脈硬化の原因となってしまうのです。
ところで、LDLコレステロールの三倍の危険度を持つ、”超悪玉コレステロール”はご存じでしょうか?

小型LDLコレステロール(Small denceLDL-C)

成分そのものはLDLコレステロールと同じですが、サイズが違います。
悪玉と善玉の関係を把握されている方は、ピンとくるのではないでしょうか。
超悪玉コレステロールは、通常の悪玉よりずっとミニサイズ。
悪玉が入り込めない隙間にもらくらく潜り込んでしまうのです。

スポンサーリンク

疲弊した肝臓が生む驚異の”超悪玉”コレステロール

肝臓は過剰な悪玉コレステロールを処分するだけでなく、体中のありとあらゆる成分をつくる役割を持ちます。
病気や薬による肝機能の低下、または暴飲暴食。不健康な生活で肝臓への負担を増大させてしまうと、出来損ないのLDL、……超悪玉コレステロールはつくられるのです。
さらに、超悪玉コレステロール増加の傾向が近年の研究でわかってきました。

肝機能障害、高中性脂肪血症、糖尿病
超悪玉コレステロール増加の三大要素です。
肝機能の低下や肥満などでHDLが減少すると、結果的に肝臓に負担をかけます。そうすると、超悪玉コレステロールが増えていきます。

その他の要素
動物性脂肪にはコレステロールが大量に含まれています。生クリームやバターなど。ケーキはその代表例です。
満足するまで食べるのをやめない。ある分だけ食べてしまう。
毎日、酔っ払うまで酒を飲む。高コレステロール食品との同時摂取。
野菜があまり好きじゃない。食べる機会がないなどビタミンC不足。

などなど、不健康な生活を送ると超悪玉コレステロールは増えていきます。
発生のメカニズムについては、現在も研究中のようです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿