発症すれば一生苦しむ心臓動脈硬化

狭心症、心筋梗塞の仕組み

心臓へ酸素や栄養を供給する冠動脈。この血管に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞になるのです。
それぞれどういう症状なのか説明してみましょう。

・狭心症
冠動脈の硬化によって内腔が狭まり、その先の細胞へ酸素・栄養が十分に行き渡らなくなっている状態です。
スポーツなどの激しい運動をしたり、怒りなどで精神的に興奮すると、各細胞が必要とする酸素量が増えてきます。しかし、血管は細まっているので十分な供給ができずカラダが悲鳴をあげる。これが狭心症の発作です。
ちょっとした豆知識ですが、性行為中に心筋梗塞を起こし死亡する例はこれにあてはまります。
血管がつまっているわけではないので、2分~10分くらい安静にしていれば収まります。細い内腔を通し、ゆっくり時間をかけて供給していくのです。

スポンサーリンク

初期の段階では、日常生活に急激な変化はありません。病歴が長くなるほど、発作の継続時間も伸び、症状は悪化していきます。
また、気温差の激しい場所を移動したときにも発作が起こりやすいので注意してください。

・心筋梗塞
狭心症など動脈硬化により狭まった内腔には、通常よりも血液が固まりやすい環境が生まれています。それが患部に詰まり血栓ができると、血流が完全にストップして死に至るのです。
心筋梗塞の発作は狭心症と同じくスポーツをした時や、精神的な興奮時に起こるとされています。しかし、実際には安静時の死亡例も多く報告されているようです。
発作が起きると顔面蒼白になり、呼吸困難の末、大量の冷や汗が吹き出し、叫んで転げまわりたくなるような激しい胸痛に襲われます。亡くなった方の多くは苦しみもがいた末、壮絶な死に顔をしているらしいです。
痛みは30分前後から数時間に渡り、痛みのあまり途中で意識を失うこともあります。
発作の途中に痛みが消えたら、それは発作終了のサインではありません。痛みというのは、神経が起こす危険信号です。つまり、痛みが消えたということは、発作を起こした箇所ごと神経も壊死してしまったということ。
心筋梗塞は、発作が起きてから1時間~2時間が勝負と言われてます。迅速な対処が必要です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿