大動脈瘤破裂、死亡率は50%

物言わぬ病、症状が出る頃には手遅れ

動脈瘤とは、動脈壁がぷっくりとコブ状に膨れ上がる疾患のことをいいます。
血管壁自体が薄く引き伸ばされているので、自然に治ることはありません。ダイエットだって、脂肪がなくなっても皮は伸びたままですよね?

この病のおそろしいところは、患部が異常拡大するまで自覚症状がないことです。
鈍痛を感じ「なんか変だな。病院に行ってみようかな」と思った頃、既にアナタは”末期患者”なのです。

末期に現れる大動脈瘤自覚症状

スポンサーリンク

大動脈瘤は閉塞性動脈硬化症などと違い、血管壁が内腔の血流を阻害することはありません。しかしコブが大きくなってくると、膨れ上がった患部が周りを圧迫するので自覚症状が目立ち始めます。
大動脈瘤は、大きく2種類に分けられます。

腹部大動脈瘤の場合
腹部や腰がじわじわと痛む。

胸部大動脈瘤
胸に押しつぶされるような感覚がある。声帯の筋肉が圧迫されてしゃがれ声になる。
食べ物が喉につまりやすくなる。

大動脈瘤は、高コレステロール血症、高中性脂肪血症、高血圧、糖尿病、喫煙などなど。血管壁が弱ることが主な原因です。
加齢によって血管壁がもろくなることから、高年齢の方の発症率はダントツ。腹痛や腰痛、声に勢いがなくなる、喉の通りが悪くなる。
どれも年をとったせいと思い込みがちですね。実は動脈瘤破裂の数少ない自覚症状の場合があるのです。

生存率50%以下

大動脈瘤が破裂すると、強烈な痛みが発生します。ケースによってまちまちですが意識障害が起こり、一度破裂すると迅速な対応をしても生存率は極めて低くなります。
救急車で運ばれたものの車内、および手術中に亡くなる確率50%。
手術成功後も約40%の方々が後遺症に苦しみ、お亡くなりになります。

破裂した場合、緊急手術を行うしかありません。
患部を切除し人工血管を入れる方法や、ステントを使用し内腔を補強する方法などもあるそうです。
そうなる前に、事前に状態を調べておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿