不健康な生活を送るとLDLコレステロール値が跳ね上がる!

私たちの日常は”不健康要素”に満ちあふれている

戦後から現在にかけ、欧米文化に影響されることで私たちの食生活は大きく変化しました。
殻類や魚、野菜などの低カロリー食材が中心だった日本人。いまや一回の食事にラーメン、ご飯、餃子セット。ハンバーガーにコーラは当たり前。パン一枚食べるにもバターをたっぷり塗りますよね。
このような生活を続けると、どうなってしまうのでしょうか。
高コレステロール血症。どんな方々が発症しやすいかご説明します。

日頃からカロリーも気にせず暴飲暴食
ポテチやジュースは美味しいですね。中にはポテチを砕いてふりかけにしたり、チョコレートをごはんにかけて三食済ませる方もいるそうです。
そんなことをしていれば健康に害を与えるのは当然ですね。
お酒の飲み過ぎもいけません。肝臓に過度のダメージを与えると、LDLコレステロールの処理機能が低下します。結果的に動脈硬化が進行するのです。

スポンサーリンク

運動せずに毎日ごろごろしてる方
そんな方にはこの一言。……うごけ!
中性脂肪はカラダを動かすことでエネルギーとして消費されます。また運動は、脂肪を分解して善玉コレステロール(HDL)を増やすので、健康はもちろんダイエットにも最適です。
健康になればなるほどスリムになる。脂肪が少ないから、HDLの働きやすい環境も守られる。理想的なスパイラルです。

仕事で精神ストレスをためている方
現代社会、こればかりはどうにもなりませんね。
ためすぎた精神ストレスはカラダの基礎代謝を下げ、免疫力を低下させます。我慢した反動の暴飲暴食。精神ストレスをアルコールで発散したり、食事の時間がまばらになったり。
健康には程遠い生活ですね。

食生活バッチリ! 運動量もバッチリ! でもLDLコレステロールが減らない方
人一倍努力しているのにLDLコレステロールが下がらない方もいます。そんな時は、遺伝による”家族性高コレステロール血症”を疑ってみてください。
生活改善はもちろんですが、薬物療法が必要となります。

40~60代の方
男性は40前後から60代にかけて、女性は40後半から60代にかけて。何もせずとも加齢により上昇する傾向にあります。70代以上になればLDLコレステロール値は徐々に下がるようですが、十分な警戒を忘れないでください。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿