コレステロール値を撃退する三種の神器

バランスのとれた食事、運動、体調管理

食事といえば肉ばかり。片手にお菓子、片手にジュース。間食しているうちにお腹いっぱいになって、「やっぱりご飯食べなくていいや!」。
このような生活を続けていると、アナタは苦しんで死にます。
……とは言いすぎかもしれません。動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなったアナタは、極めて高い確率で命にかかわる病気を併発させ、一生を後悔しながら苦痛のうちに死ぬかもしれない。この程度ですね。
HDLコレステロールが減少すると、LDLコレステロールが増加し、動脈硬化の原因となります。
脂のとりすぎ、おかしの食べ過ぎ、酒の飲み過ぎ。
食べるなとは言いません。何事も適量が大切です。

スポンサーリンク

運動をしよう!
中性脂肪を燃やしHDL(善玉コレステロール)を増やすには、”有酸素運動”が効果的です。
ジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリング。アウトドアに興味があるならハイキングも悪くありません。
しかし、これが元で怪我をしてはいけません。入念な準備運動を欠かさないでください。まず最初はゆっくり、深呼吸でもするようなペースで少しずつ。無理のない範囲でペースを上げていくのがベストです。
ゴールに辿り着くとき、急激に止まると心臓に負担がかかってしまいます。ペースを上げる時と同じく、ゆっくりとスピードを落としましょう。脈拍を正常値に戻す気持ちで、最後は歩く速度になってから止まってください。

きっちり体調を管理しよう!
1日3食が基本です。ダイエットをしている方の中には、1日1食、2食しかとらない方がいます。ハッキリ言います。逆効果です。
カラダの中にはあらかじめエネルギーを蓄え、調整する機能があります。次の栄養がいつ補充されるかわからない。そんな食生活を続けていると、より少量の食事から多くの脂肪を蓄えようとする、”貯蓄型”の体質ができあがってしまうのです。皆さまおなじみ”リバウンド”の原理ですね。
体調が悪い時に無理な運動をするのもオススメできません。熱があってクラクラする、頭が痛くて吐き気がする……。そんなときは、素直に休んでください。
継続は大事ですが、カラダに見合わない負担は代謝を下げ、LDLコレステロール増加の要因にしかならないのです。
カラダがだるい……。そんな時は、まず体調改善に努めましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿