本当に怖い”メタボリックシンドローム”

メタボは腹肉だけじゃない

美容・健康に気をつけられている方なら耳なじみですね。テレビや雑誌などでも多く取り上げられ、流行語大賞を獲得したお腹ぽっこり型肥満”メタボリックシンドローム”。

さて、メタボと聞けば何が一番に思い浮かびますか?
妊婦でもないのに赤ちゃんが居るような不自然なお腹。フォアグラのように油がのった栄養満点の内臓。インターネットが普及した今では、さまざまな要素で取り上げられることがあるので、全然関係のない話題を思い出してしまうかもしれませんね。
ここで注意したいのは、”メタボリックシンドローム”がもつ本当の意味を、皆様が正しく認識されていない事実です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪量を含むある条件下の方が診断される病気です。

内臓脂肪(腹腔内脂肪)蓄積

ウエスト周囲径
男性:85cm以上
女性:90cm以上
(内臓脂肪面積男女共通100cm2に相当)

スポンサーリンク

上記に加え、以下のうち2項目以上該当(男女共通)
1:高トリグリセライド(中性脂肪)血症、150mg/dl以上。
     または、低HDLコレステロール血症、40mg/dl未満

2:収縮期血圧、139mmHg以上
   拡張期血圧、85mmHg以上

3:空腹時高血糖、110mg/dl以上

お気づきでしょうか?
上から順に、肥満、高血圧、高血糖。ひとつでも該当すると動脈硬化が進行します。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の恐れがあると騒がれるものが2つ以上該当している。
それがメタボリックシンドロームなのです。
脂肪ばかりのおなかを指して「う、生まれる~!」など冗談を言っている場合ではありません。一刻も早く生活習慣を改めてください。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿