有酸素運動でカラダまるごと代謝アップ!

体内の悪質な老廃物を排除する運動療法

高LDLコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)を減らすには、生活改善する必要があります。食事療法と合わせ、運動療法も一緒に行いましょう。
動くのが面倒で毎日のように家でゴロゴロ……。そんな生活を送ると、すぐにLDLコレステロールや中性脂肪は増えていきます

肥満を防ぐには摂取したエネルギーを消費するのが一番です。運動は手っ取り早い手段ですね。血清脂質値や血糖値、血圧などを下げる他、ストレスを解消するので、精神面にも非常に良いです。
スポーツ選手って爽やかですよね。運動のストレス解消効果かもしれません。

運動には無酸素運動(アネロビクス)と有酸素運動(エアロビクス)があります。生活病予防に活躍するのは有酸素運動です。

スポンサーリンク

ジョギングやウォーキングなど、時間をかけて緩やかに脂肪を燃焼させます。
一番のオススメはウォーキングです。なるべく、身体全体の筋肉を動かす歩き方をしましょう。胸を張り、両手両足を大きく振って歩いてください。自然とたくさん息を吸ってしまう程度の速度がベストです。うっすら汗をかいてきたら、燃焼がうまくいっている証拠ですよ!

生活改善に初期投資など必要ありません。今すぐにでも始めてみてください。

15分以下の有酸素運動は意味がない

有酸素運動は、必ず15分以上を心がけましょう。中性脂肪は、運動を15分以上続けてようやく燃焼されます。短時間の運動だと思って様子見をしていたカラダ。まだ運動が続くことに気づいて、蓄えたエネルギーをようやく追加し始めるのですね。15分以下だと、ほとんど効果がありません。

効率的な栄養摂取をするスポーツマンと一般人では、運動量が違いますよね。また年齢や体調により基礎代謝が変わるので、個人差が大きいのが特徴です。最低1日30分を目標に、できるだけ毎日、長時間の運動を心がけてください。無理なら一日60分を週に三回など、消費量を合わせれば同じくらいの効果があります。

継続的な有酸素運動には、新陳代謝や筋力のアップ、ストレス解消、不眠症改善など自律神経を整える働きもあります。最初に急激な運動はせず、軽い運動を継続するよう頑張りましょう!

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿