運動療法を長続きさせるコツは、仲間同士の触れ合い

運動療法に躊躇する必要ナシ!

生活改善を行うにはウォーキングなどの有酸素運動が効率的です。LDLコレステロール、中性脂肪を減らす他、ストレス解消などの効果があります。

毎日30分ほど散歩してみたり、趣味としてスポーツを始めるのもいいですね。昔スポーツをかじっていた方は、ぜひ復帰してください。中には躊躇する方もいますが、不安はいくらでも解消できます。

初心者であることが不安の方は、スポーツの入門書を買ったり、初心者向けの教室に行きましょう。ブランクがあり不安な方は、またイチからやり直すことで昔の感を取り戻せるはずです。友人・知人がおらず不安な方は、ぜひ地域のスポーツサークルに入会したり、同じ趣味の方に声をかけてみましょう。

健康の大切さが広く知れ渡り、健やかな日々を目的にスポーツを始めるかたは増え続けています。共通点をキッカケに親友を作りましょう! 楽しいスポーツが長続きのコツです。

スポンサーリンク

有酸素運動はニコニコペースで

効率の良い有酸素運動は、非常に楽しく余裕があります。自分から「続けたい!」と思えるペース作りが大切です。

ウォーキングやジョギングの際、「ニコニコペースで」とよく耳にしますね。これは会話したり、軽快に笑えるくらいの運動量を指します。急激な運動をすると、翌日まで疲れが残りますよね。心臓や筋肉に負荷がかかるのは良くありません。動脈硬化の進んでいる方は、急性心筋梗塞などを起こす最悪のケースもあります。呼吸を楽に、心臓がドキドキしない程度の緩やかなペースを維持してください。

また、これらの有酸素運動は良い気晴らしになります。ハイキングやキャンプなど。アウトドアは季節の移り変わりを楽しませてくれます。仲間と一緒に行けば会話もはじけ、何度でも行きたくなりますね。

カッとなりやすい人は、卓球やテニスなど勝敗のある有酸素運動を避けましょう。ストレス解消のために、ストレスを溜めては意味がありません。健康はまず心から!ラリーを続けるくらいの軽い気持ちで継続してくださいね!

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿