運動前に注意したい健康状態

年一回の健康診断で万が一を防ぐ!

健康のために運動する方は、以下のポイントに注意しましょう。
食後、30分以内の運動はNGです。脱水症を避けるため、水分補給はこまめにしましょう。その際、ポカリスエットなどの清涼飲料水もいいですが、できれば糖分の入っていないミネラルウォーター、麦茶などがオススメです。室外で運動される方は、外の気温に注意してください。日差しの強い日には帽子をかぶるなど、熱中症対策を忘れず行いましょう。

た普段から体調の悪い方は、運動前に自分のカラダを見つめ直すことが大切です。原因不明な動悸、息切れはありませんか? 発熱、食欲減退、耳鳴りやめまい、胸部の圧迫など。コレらの異常があるなら、まず病院で検査しましょう。身体能力に見合わない運動により、心筋梗塞などの症状を引き起こすケースがあります。年1回の健康診断がオススメです。

スポンサーリンク

運動はまず準備から! 健康には細やかな気遣いが大切

無理のない運動こそカラダのケアに繋がります。カラダに不調を感じたら、その日は諦め、明日に期待しましょう。長期的に続く場合、重大な病に冒されている可能性があります。病院で検査しましょう。
本格的な運動に入る前に、まずはウォーミングアップで筋肉を温めましょう。人のカラダは急激な負荷に弱いです。激しい運動をする前に、緩やかな刺激を与え、筋肉や内臓が耐えられるよう準備します。ストレッチを5~10分が目安ですね。

準備が整ったら、まずは歩くようなスピードから入り、徐々にペースをあげます。運動しながらでも会話ができ、大声をあげて笑えるくらいの「ニコニコペース」がベストです。運動能力は個人により差がありますので、それぞれ調整しましょう。
呼吸を整え、緊張した筋肉を弛緩させるストレッチをして終了です。疲労の回復効果がまるで違うので、ぜひ試してください!

ちなみに、これらの症状が出た場合。ただちに運動を中止し、様子を見てください。治まらない場合、かかりつけの病院を頼りましょう。

・熱がある ・いつもより脈が早い ・顔が腫れている ・足のむくみが酷い ・せきや鼻水など、重度の風邪症状がある ・睡眠不足 ・だるい ・胸部が痛い・立ちくらみがする ・二日酔い、などなど。

無理をして健康を悪化させても意味ありませんよね。必ず、万全の状態で臨みましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿