生活習慣病を予防するアクアフィットネス

運動療法には、万全の環境が必要

肥満や高LDL状態を解消するには、有酸素運動が効果的です。ジョギングやウォーキングを一日30分程度。必ず15分以上を心がけてください。

できれば運動前にお茶やコーヒーなどでカフェインを摂取しておくと、脂肪燃焼の効率がグンと上昇します。脱水症状や熱中症にならないために、あらゆる準備を整えておきましょう。スポーツの中で友人を作れば、長期継続まちがいナシです!

しかし、これらの有酸素運動に向かない方々もいます。重度の肘痛や腰痛、その他、身体に不調のある方。人目が気になり、近所でのジョギングやウォーキングにストレスを感じる方。
問題を解消しないまま運動療法に臨んでも、期待通りの結果は難しいはずです。ぜひアクアフィットネスに切り替えましょう!

スポンサーリンク

ジョギング、ウォーキングより効果的?

アクアフィットネスとは”水泳を含む水中運動の総称”です。クロールやバタフライなど従来の水泳から、ひたすら歩く水中歩行(ウォーキング)、水中ランニング(ジョギング)などなど。他にも水中ストレッチやアクアエアロビクスなど、種類は豊富です。

水中では浮力が働きます。室外では膝や腰が痛くて立てない方でも、水中ならほとんど負荷がありません。リハビリメニューとして人気があるので、高齢者の方でも気軽に参加できます。

水中に入ると、カラダ全体に水圧がかかります。圧力の分だけ肺が呼吸しようと活発になるので、プールに入るだけで良いトレーニングになります。さらに、カラダはより低い温度にさらされると、新陳代謝を活発化させます。蓄えていたエネルギーを燃やし、体温を維持しようとするのです。

水に入るだけでこれだけ効果が発揮されますから、ジョギングやウォーキングの完全上位運動法と言って過言ではありません。
健康に不安のない方にも、アクアフィットネスはオススメです!

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿