有酸素運動を取り入れよう~ウォーキングなど

まずは運動の習慣を身につけよう

 中性脂肪を減らすために必要なのは、一つに食事療法。そして欠かせないのが運動療法です。日常的に、運動する習慣を身につけることが大切です。体内に蓄えられている中性脂肪をエネルギー源として消費しましょう。

  しかしながら、中性脂肪値が高い方は「運動がキライ、苦手」というケースが多いようです。もともと好きではない運動をやみくもにおこなって、体をこわすよ うなことがあっては本末転倒です。まずは、どんな運動がもっとも中性脂肪を減らすために効果的であるのか知る必要があります。

スポンサーリンク

有酸素運動を取り入れよう

  運動とひとくちにいっても、二種類存在します。「無酸素運動」と「有酸素運動」です。無酸素運動は、その言葉のごとく、短時間で呼吸をとめておこなう短距離走や重量挙げなどの激しいものです。その際に、使用されるのは筋肉内の糖質です。脂肪はというと、ほとんどエネルギー源としては消費されません。

 その一方で有酸素運動はゆっくり時間をかけて呼吸をしながらおこなう、ジョギングなどです。これらは、体内に蓄えられた脂肪やブドウ糖をエネルギーとして使用するので、中性脂肪を減らすためには効果的であるといえます。

  このように有酸素運動は中性脂肪を減らすためには、無酸素運動よりも効果的であるといえますが、ジョギングのほかにはどのようなものがあるのでしょうか。 たとえば、サイクリングやウォーキング、スイミングやエアロビクス、そしてダンスなどがあります。この中から自分に合うもので続けられそうなものをチョイ スしましょう。初心者向けで、体に負担がかかりにくいのはウォーキングです。

ウォーキングは一日どれくらいすればよいのか?

 有酸素運動は、中性脂肪を減らすために効果的ではありますが、最低でも運動をはじめてから20分経過しないと脂肪はエネルギーとして消費されません

 このことからも、まずは一日30分から1時間を目安として歩いてみてください。これでもはじめはかなり長く感じるはずです。ただ歩くということを目的として歩くのではなく、通勤の途中に隣の駅まで歩いてみるなど工夫してウォーキングを習慣化していきましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿