中性脂肪は必要不可欠なもの

4種類の脂質

よく耳にする中性脂肪という言葉。「肥満の原因となるもの」という認識は何となくある方は多いと思います。ですが、実際に体のなかでどんな働きをして、どのように影響を及ぼしているのかをご存知でしょうか。中性脂肪の正体について探っていきましょう。

人間の体の中には4種類の脂質と呼ばれるものがあります。脂質は、脂肪の総称です。まず一つ目によく耳にするコレステロール。そしてリン脂質遊離脂肪酸があります。そして最後に、中性脂肪ですが、トリグリセライドやトリグリセリドといったりもします。

まず、コレステロールですが、よく「コレステロールが高いから・・・」などど食事制限するというように何かと悪いイメージがあると思います。ですがコレス テロールは人間が生きていくために欠かせない役割を持っています。性ホルモンや副腎皮質ホルモン、脂肪を吸収しやすくする胆汁酸などの材料となります。ま た、コレステロールとリン脂質はともに、たんぱく質と結合して細胞の壁を作る役割を果たしています。

スポンサーリンク

遊離脂肪酸は体を動かすエネルギー源となるものです。リパーゼという消化酵素によって中性脂肪が分解された時にできるものです。実質的にエネルギーに直結している脂質といえます。

中性脂肪の重要な役割

では中性脂肪はどんな性質と役割をもっているのでしょうか。

わたしたちは食事から様々なエネルギー源を摂取しています。糖質、たんぱく質、脂質などです が、すぐにすべてのエネルギーは使わずに、かたちを変えて体内に貯蔵しているのです。

これらはすべて中性脂肪として肝臓や体中の細胞のなかに蓄えられま す。遊離脂肪酸がすぐに使用されるエネルギー源とするならば、中性脂肪は貯蔵用のエネルギー源なのです。もし、貯蔵用のエネルギー源が不足しすぎてしまう と体は活力がなくなり、急激に衰えてしまうでしょう。

また、中性脂肪は貯蔵用エネルギー源という役割以外にも重要な働きをしています。内臓や皮下においてクッションのように外部からの衝撃から守ってくれてい るのです。

たとえば皮下脂肪がなければ直接衝撃を受けることになりますので、ものにあたればその分痛みがあるでしょう。お尻など皮下脂肪の多い部分です が、椅子に腰掛けたときに脂肪がクッションの役割をして痛みを和らげてくれているのです。

また、体から熱を逃さないよう、一定の体温を維持するためにも中 性脂肪は非常に重要な役割を果たしています。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿