あなたはどちらの肥満型?~皮下脂肪型と内臓脂肪型~

2種類の肥満「皮下脂肪型」「内臓脂肪型」

肥満には2種類のケースがあります。皮膚の下に脂肪が蓄積している「皮下脂肪型肥満」。

内 臓の周りに脂肪が蓄積している「内臓脂肪型肥満」。このとき、皮下脂肪型肥満は体系から例えて「洋なし型肥満」とも云われるように、お尻~太ももにかけて の下半身に脂肪がたまりやすいため、肥満が目につきやすいと言えます。

一方、内臓脂肪型肥満の場合は、スリムな体型で一見すると太っているようには見えな いという方が該当している場合があります。おなかだけがぽっこりしている、というような特徴もあります。このような場合、医学的には正真正銘「肥満」であ るということになってしまうのです。

スポンサーリンク

内臓脂肪型肥満であるかどうかは、腹部CT検査によって診断されます。腹部の内臓脂肪の面積が100平方センチメートル以上あった場合、内臓脂肪型肥満と なります。また、めやすとして考えられているのが「BMI値」です。算出方法は後に触れますが、BMI値が25以上で、ウエスト周りが男性で85センチ以 上、女性で90センチ以上の場合に内臓脂肪型肥満が疑われます。

内蔵脂肪型肥満になりやすいのはどんなタイプ?

では、内臓脂肪型肥満になりうる危険性のあるのはどのようなタイプなのでしょうか。

皮下脂肪型肥満よりも、内臓脂肪型肥満のほうが生活習慣病を併発しやすいので、あてはまるタイプの方は注意しなければなりません。

まずは、食事から得るエネルギーの摂取量が多く、特に飲酒や間食が日常的になっているタイプの人 です。喫煙者もなりやすいタイプと言えます。

そして、日ごろ運動をする習慣がない人も、摂取したものをエネルギーとして消費できずに、内臓脂肪として蓄え続けてしまうのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿