生活習慣病を引き起こす「内臓脂肪型肥満」

中性脂肪と善玉コレステロールの因果関係

内臓脂肪型肥満はなぜ生活習慣病を引き起こしてしまうのでしょうか。

その鍵となるのが中性脂肪と善玉コレステロール(HDL)の関係です。内臓脂肪がどん どんと溜まってくると、中性脂肪が増えていきます。それに反比例するように体に必要な善玉コレステロールは減ってしまうしくみになっているのです。
内臓脂肪は、いつも分解したり、再び合成したり生き生きと活動しています。内臓脂肪は、分解されて遊離脂肪酸となりますが、肝臓へ送り込まれたあとは中性脂肪として再び合成されてしまいます。

中性脂肪が増えると善玉コレステロールは数を減らしてしまうという関係が成り立ってしまっているのです。善玉コレステロールは、生活習慣病予防に非常に大切 な役割を担っています。

スポンサーリンク

HDLは、血管の壁にこびりつき、動脈硬化を進行させる悪玉コレステロール(LDL)を回収してくれる働きがあります。つまり、 HDLが少なくなってしまうということは、動脈硬化を進行させてしまうことになりかねません。

血管は、例えるならば硬くて古くなったゴムホースのような状 態です。血流も悪くなり体内に新鮮な血液を送り届けることが出来ないだけではなく、恐ろしい脳疾患や心臓疾患を招くことへと繋がります。このメカニズムこ そが、内臓脂肪型肥満が恐ろしいと云われる所以なのです。

生活習慣病を引き起こす「生理活性物質」

また、内臓脂肪は「生理活性物質」と呼ばれるものを分泌していることが明らかになっています。

たとえば、TLF-α(アルファ)は、インスリンの効果を阻害して血糖値を上げてしまう物質です。また、アンジオテンシンノーゲンは血圧を上げてしまう物質です。

内臓脂肪型肥満の人は、ひとつの病気だけにとどまらず様々な生活習慣病を併発していることがあります。

高血圧症であったり、糖尿病であったり、脂質 異常症など複数同時に罹っている人も少なくないのです。このように、内臓脂肪型肥満は生活習慣病と密接に関わっていることがわかります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿