あらゆる病気を引き起こす動脈硬化のしくみ

生命に直結する脳疾患、心疾患を引き起こす動脈硬化

生活習慣病は、様々な要因が引き金となって発症するといわれていますが、なかでも動脈硬化はもっ とも恐ろしいものです。

動脈硬化とはどのようにして起こり、わたしたちの体に影響を及ぼすのでしょうか。その名のとおり、動脈が硬くなり、古くなったホー スのようにもろくなった状態をさします。もろくなったホースは、破れ、水が漏れてしまいますね。血管も同様で、全身に酸素と栄養を届けるはずが、血管壁が 破れて出血を伴ったり、血管がつまって血流が滞ったりしてしまうのです。

しかも、おそろしいことに動脈は全身を張り巡らされているため、あらゆる箇所でおこってきます。ところかまわず、臓器の中だったりその周辺でも起こりま す。

スポンサーリンク

生命を維持していくために非常に重要な役割を果たしている心臓や脳などでも起こりうるのです。すると、心臓であれば狭心症、心筋梗塞、脳であれば脳出 血、脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こす可能性が増すのです。脂質異常症のように、血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に増えることによって動脈硬化になりやすいといわれていますので注意が必要なのです。

中性脂肪の増加によって引き起こされる粥状動脈硬化

血 液中の中性脂肪やコレステロールが増加することによって動脈硬化はどのように進行していくのでしょうか。

中性脂肪やコレステロールは、血管壁にかたまりを 生成していき徐々に血管を狭くして血液の流れを悪くしていきます。この状態はしだいにかたまりは大きくなって悪循環を招いていくのです。どんどん肥大化し たかたまりはついには血流を止めてしまい、梗塞状態となってしまうのです。

このように中性脂肪、コレステロールの増加による動脈硬化を「粥状動脈硬化」と 呼ばれています。粥状動脈硬化のおそろしさは、心臓のまわりの血管で起こりやすいというところにあります。冠動脈、脳動脈、腎動脈、頚動脈などです。
以前は、中性脂肪は動脈硬化の直接の原因にはならないと考えられてきました。中性脂肪の粒子はコレステロールよりも大きいために、血管壁には入り込めないからです。
しかし、最近では研究によりリポたんぱく(LDLやカイロクミンなど)の分解・生成の過程で残ったもの(レムナント)は非常に粒子が小さいため、血管壁に も入っていけることが判明しています。やはり、コレステロールと中性脂肪の両方に注意を払い、動脈硬化を予防していかなくてはなりません。

高血圧症や糖尿病などの生活習慣病を伴うと危険度が高まる

「中性脂肪値が高い」というくらいではすぐに命にかかわることはないからと思いがちかもしれません。

たしかに高中性脂肪血症や高コレステロール血症のうち はまだ危険度もそこまで高くはないでしょう。ですが、その状態を継続していき、さまざまな合併症を引き起こしていくと危険度は一気に増してしまいます。

た とえば生活習慣病である高血圧症や糖尿病にかかると、心臓病や脳卒中など生命にかかわる可能性がでてきます。決して「中性脂肪が高いくらいで」と軽んじる ことはできないのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿