「サイレントキラー」と呼ばれる高血圧症

高血圧症と動脈硬化の関係

現在、高血圧症の患者さんは3500万人から3600万人にものぼるといわれており、高齢化社会が進むにつれ、増加の一途を辿っています。高血圧症が脂質異常症と合併症を起こした場合、命にかかわる病気になる危険がある動脈硬化を引き起こす可能性が増えてしまいます。
高血圧になると、動脈の壁を傷つけてしまうといわれますが、なぜなのでしょうか。血圧が高いということは、全身へ血液を送り出すために必要な力が必要以上に強くなっているということです。圧が強ければ強いほど、血液が血管の壁にあたって、傷つけてしまうのです。
そこで重要になってくるのが、血液の粘度です。血液がサラサラとしていれば、自然と圧を必要とすることなくスムーズに流れます。

しかし、どろどろの血液だ とどうでしょう。流すためにはより強い圧が必要となってきます。そのぶん、心臓へ負担がかかり、ますます拍動は強くなります。この時、通常時よりも勢い良 く押し出され、全身へとめぐる血液は血管の壁に著しく損傷を与えながらすすむのです。動脈硬化は一層進行してしまうこととなります。

スポンサーリンク

高血圧症と動脈硬化は互いに悪循環を招く

高血圧症と動脈硬化は切ることができない深い関係がありますが、互いに悪循環へと導いていきながら命にかかわる病気を招く要因となっています。
まず、血管の壁に損傷があると粥状動脈硬化が進行し、どんどん血管の中は狭く硬くなっていきます。すると、全身へ血液を送りだすためいつもより強い圧をか けなくてはいけなくなります。こうして血圧はさらに高くなっていくのです。血圧が高いとまた血管の壁を傷つける・・・この悪循環を繰り返しているのです。
高血圧症で心配だという方は多いと思います。原因のひとつにドロドロとした血液があるということは非常に重要なことです。中性脂肪やコレステロールなどの 脂質と上手につきあい、悪循環をストップさせなくてはなりません。心臓疾患や脳疾患などの予防のためにも、脂質がこれだけの影響を及ぼしていることを把握 しておきましょう。

「サイレントキラー」高血圧症の予防

高血圧症は、自覚症状がありません。別名「サイレントキラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれるほどです。

動脈硬化を徐々に進行させ、気づいたときには生命にか かわる病気を引き起こしている場合があるからです。

高血圧症の目安としては最高血圧130未満最低血圧が85未満の場合です。手遅れにならないように、 日ごろから自分で血圧を測定しておくべきです。自分の血圧を知って、なるべく正常範囲内であるようにコントロールすべきです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿