脳の血管が詰まる脳梗塞は認知症の原因にも

二種類の脳梗塞~原因は脂質異常症?~

脳の障害のなかでも、血管が破れたり、詰まったりして起こるものをまとめて「脳卒中」と呼びます。

脳卒中の種類としては、脳の血管が破れる脳出血や、脳の血管が詰まる脳梗塞クモ膜下出血などがあります。なかでも、近年は脳梗塞が増えており脳卒中による死亡事故の6割をも占めています。
脳梗塞はさらに二種類に分類されます。一つ目は脳血栓といい、脳の動脈の硬化が原因です。

動脈が硬化している部分の血流が悪くなり、だんだんと血栓が大きくなり血液が詰まってしまうのです。血液が完全に流れなくなるとその先の脳組織が壊死してしまいます。

スポンサーリンク

もう一つは脳塞栓です。こちらは脳以外の場所で血管内に出来た血栓が、血液に乗って全身を流れてきて、脳の血管の狭く通りにくい部分で詰まってしまうものです。

脳梗塞は動脈硬化と深くかかわっていますが、加齢とともにその恐ろしさを増します。高齢者の発症がとても多くなっています。特徴としては、男性よりも女性のほうがややかかりやすいといわれています。

一過性脳虚血発作に注意~脳梗塞の前兆~

脳梗塞には、前触れとなる症状が出る場合があります。頭痛、めまい、目のかすみ、手足のしびれなどです。その場合はすぐに専門医を受診してください。

しかし、そのような前兆がないケースも多いので注意しなければなりません。一過性脳虚血発作と呼ばれる、一時的に脳動脈の血流が止まってしまった後に数分~1、2時間ほどで回復する脳梗塞もあるのです。血流が止まっている間は、症状がでているために手足のまひや、しびれ、口のもつれがあったり、ものが二重に見えるなどします。ですが、血流が再び流れるようになると症状もなくなるため軽視されてしまいがちです。

一過性脳虚血発作の原因は、働きすぎによる過労や、異常に精神的興奮状態にあったり、睡眠不足、不規則な生活リズムで過ごしたり、飲酒により過度のアルコール摂取などさまざまです。

一過性脳虚血発作は、脳血栓症の前触れであるとも言われ、何度も繰り返し起こります。繰り返す度に、脳血栓症が少しずつ忍び寄ってきているといえるでしょう。

認知症の原因となりうる脳梗塞

脳梗塞を発症すると、血管がつまりその先へ栄養と酸素を運べなくなりますから、脳組織を壊死させてしまいます。脳組織は破壊れていることになりますので、認知症の原因となることがあります。それはたとえ一過性のものであっても、発作を繰り返す度に少しずつ症状は進行し、悪化していくので注意しなければなりません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿