全身に様々な障害を引き起こす閉塞性動脈硬化症

動脈硬化は全身へ広がり、血流が滞ってしまう

閉塞性動脈硬化症という病気を耳にしたことがあるでしょうか。

中性脂肪の値が異常に高くなる脂質異常症は、動脈硬化症を引き起こす原因となりますが、その 動脈硬化が進行していくと、全身の動脈の硬化が進み、血管は細くなっていき血流は滞ってしまいます。このような状態を閉塞性動脈硬化症といいます。

この病気になる可能性は、中性脂肪値が高いだけではなく、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、喫煙する場合なども考えられます。

閉塞性動脈硬化症の症状~足の壊死~

閉塞性動脈硬化症とはどのような病気なのでしょうか。症状は、下肢に出やすいといわれています。症状がゆるやかなうちは、はげしい運動をした際には足のし びれや冷たさを感じるというような軽いものです。

スポンサーリンク

そして、しだいに症状が進行していくと、ある一定の距離を歩いた時に、筋肉のこわばりや強い痛みが出る 「間歇性爬行症」と呼ばれる状態になります。歩くのも辛い状態です。しばらく休んでいるとまた歩けるようにはなりますが、この症状は全身の血流が滞って組 織への酸素供給が不足するために起こるといわれています。

さらに動脈硬化が進行すると、安静にしている時でも足に痛みを生じるようになります。やがて小さな傷がきっかけになって壊死してしまうのです。

閉塞性動脈硬化症は心疾患・脳疾患の前兆

間歇性爬行症の状態の場合、それが原因で命に関わることはほとんど無いといえます。しかし、閉塞性動脈硬化症の存在が明らかになった時には、全身に様々な 障害が発生している場合があります。

その代表的なものには脳梗塞などの脳血管障害、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患です。これらは、生命の危険が脅か される病気です。命に関わらなくても、生活の質が低下する可能性は十分にあるのです。

閉塞性動脈硬化症の診断を受けたら、これまで以上に動脈硬化を進行させることがないよう、ただちに防ぐ必要があります。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿