糖尿病~合併症を引き起こし、最悪の場合死に至ることもある~

糖尿病の症状~血液中の中性脂肪値が高くなる

糖尿病は、血液中のブドウ糖の値(血糖値)が、正常に下がらず、高血糖状態が続く病気です。原因は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が妨げられることにより不足し、効き目が十分に得られないためです。

だいたい、糖尿病の場合には、はっきりとした自覚症状はありません。かなり病気が進行した状態では、のどが乾く、体重が減る、尿の量と回数が増える、気力 や体力が減退する、手足がしびれるなどの症状があらわれます。ですが、軽いうちはなんとなく体がだるい、などと感じていて、気づいた時には糖尿病がかなり 進んでいたという場合もあります。

また、インスリンというホルモンには血糖値を下げる働きだけではなく、リポたんぱくリパーゼが合成するのを防ぐ働きもあります。ですから、インスリンが不足してしまうということは、血糖値が高くなると同時に血液中の中性脂肪が増えて高中性脂肪血症をも引き起こすのです。そうすると、動脈硬化も進み、ますま す悪循環となるのです。

スポンサーリンク

糖尿病のおそろしさ~3大合併症~

糖尿病は、様々な恐ろしい合併症を引き起こすとして知られています。3大合併症といわれているものが腎症、網膜症、神経障害です。最悪の場合、失明や足の切断といった深刻な結果を招きかねないので決して治療を怠ってはいけません。

糖尿病の予防のためにも、日常生活で中性脂肪やコレステロールの量をうまくコントロールする必要があります。もし、糖尿病を発症してしまった場合は、根気強く治療を継続していく必要があります。

食事療法、運動療法、薬物療法を組み合わせて続けていく本人の努力が必要にはなりますが、健康な人と一緒に同じ生活を送ることもできます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿