脂肪たっぷりの脂肪肝~肥満とアルコールが原因~

脂肪肝~肝臓の1/3を脂肪が占めている状態~

通常、肝臓に含まれる脂肪分は3~5パーセントほどといわれていますが、これが30パーセント以上になってしまった状態を「脂肪肝」と呼びます。その名前のごとく、脂肪たっぷりの肝臓をさします。

脂肪肝のメカニズムを説明する際の例として、世界三大珍味のフォアグラがあげられます。フォアグラは、たくさんの栄養をガチョウに与えて太らせ、人の手によって脂肪肝を作り出したものです。フォアグラの場合は食用を目的としています。ですが、人間の脂肪肝もまったく同じしくみで出来ているのです。

肝臓は通常、ヒトの体で代謝や解毒の作用を司っています。しかし、脂肪がたまりすぎて太ってしまった肝臓はその働きを十分に行うことができなくなってしま います。すると毒素が体に溜まってしまうように、常にだるかったり疲れがとれないなと感じたりします。便秘や吐き気などの症状としてあらわれてくることも あるでしょう。

しかしながら、自らが脂肪肝であることを自覚している人は少ないといわれています。症状あらわれていても、脂肪肝が直接の原因であると最初に疑う人は少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

脂肪肝の原因は?

脂肪肝の主な原因は、中性脂肪の過剰摂取にあります。なかでも代表的なものは高カロリーな食事が原因で発症するといわれる過栄養性脂肪肝、アルコールの摂り過ぎによるアルコール性脂肪肝です。

脂肪肝を発症したら生活習慣の見直しを~他の病気を併発している可能性大~

脂肪肝と診断されたら、まず生活習慣を見直しましょう。脂肪肝という病気自体はそれほど命に直接的にかかわる病気ではありません。

ですが、脂肪肝の原因で ある過食や運動不足、お酒の飲みすぎなどは、もっと深刻な脂質異常症や糖尿病の原因とも共通しているのです。つまり、その他の生活習慣病にかかる可能性が あるということです。すでに予備軍ともいえるでしょう。

もし万が一脂肪肝になってしまった場合は、すぐに食生活を改め日常生活に運動を取り入れるようにすることで深刻な事態を予防することができます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿