インスリン抵抗性症候群~動脈硬化の進行へ直結

インスリン抵抗性とはどのような状態?

  インスリン抵抗性とは、体の細胞・臓器でインスリンが作用しなくなっている状態をいいます。インスリンは膵臓から分泌されるホルモンです。唯一、血中の糖 度が上がりすぎるのを抑えてくれる働きをします。そのインスリンの作用に対し、体の組織や細胞が反応を示さなくなっている状態は、わたしたちの体に非常に 大きな影響を及ぼすのです。

 原因としては過食や運動不足が挙げられます。過剰にエネルギーを摂りすぎているのにも関わらず、それを消費できていないために起こります。

 インスリン抵抗性の場合、様々な病気へとつながっていきます。代表的なものは、糖尿病、高中性脂肪血症、高血圧、肥満です。メタボリックシンドロームなども同義語とされていますが、これらが複数同時に起こっている場合、インスリン抵抗性症候群と呼ばれます。

スポンサーリンク

インスリン抵抗性症候群と動脈硬化のかかわり

 インスリン抵抗性は動脈硬化を進行させる大きな働きをしているともいえます。まず、インスリン抵抗性と糖尿病の関わりについてみていくことにしましょう。

  インスリン抵抗性が生じてくると、体中でブドウ糖が取り込まれにくくなってきます。すると、ブドウ糖生成を抑制してくれる肝臓の働きも低下して、血糖値は 上昇します。こうしてインスリンは過剰に分泌されてゆくのです。徐々に肝臓の分泌機能に疲弊が生じてきます。常に血糖値は上昇している状態となり、糖尿病 へと導かれていくのです。

 このようにインスリン抵抗性は糖尿病だけでなく、様々な病気を引き起こしてしまいますが、いずれも動脈硬化の進行に直結してしまうという共通点を持っています。インスリン抵抗性症候群になると、動脈硬化への道筋がしっかりと出来上がってしまうといえます。やがて脳梗塞などの脳疾患、心筋梗塞などの心疾患へとつながりかねない、油断のできない状態なのです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿