メタボリックシンドロームの脅威~合わせ技で動脈硬化を促進させる~

「メタボ」の定義とは?~診断基準を知ろう~

 最近、よく耳にする機会が増え、なじみのある単語となった「メタボ」ことメタボリックシンドローム

以前は「シンドロームX」「死の四十奏」などと、なんともものものしい呼び名でした。メタボリックシンドロームという言葉は聞き覚えがあり、なんとなくイメージも湧いてくると思います。ですが、メタボの定義はご存知でしょうか。

  メタボリックシンドロームの診断基準としては、内臓脂肪型肥満、脂質異常症、高血圧、高血糖の4つの生活習慣病のうち、内臓脂肪型肥満を含み3つ以上発症 している場合に診断されます。一つだけではなく、同時に複数発症することでその危険度はぐんと上がるのです。

スポンサーリンク

なかでも心筋梗塞などの虚血性心疾患にかかっ てしまうなど、命の危険が高まります。内臓脂肪がどれくらい蓄積しているかを知る基準として、ウエスト周りの長さが男性で85センチ以上、女性で90セン チ以上の場合、内臓脂肪型肥満とされます。

それに加えて、中性脂肪値が150ml/dl以上もしくはHDLコレステロール値が40ml/dl未満の場合。

収縮期血圧が130mmHg以上もしくは拡張期血圧が85mmHg以上の場合。

空腹時の血糖値が110mg/dl以上の場合。以上のうち2つ以上が該当する時、メタボリックシンドロームということになります。

特に危険な内臓脂肪型肥満~動脈硬化の進行

  メタボリックシンドロームの恐ろしさは、やはり動脈硬化の進行を速めてしまうところにあります。ひとつひとつの症状だけを見ると、そこまで危険な状態では なくても、同時に併発してくると格段に危険な状態へと導かれてしまうのです。

特に内臓脂肪型肥満は注意が必要です。メタボリックシンドロームと診断された 場合は、すみやかに生活習慣の改善をはかりましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿