BMIをチェック~肥満度や適正体重を知るために~

「肥満」とは?~体のなかで脂肪の占める割合が多すぎる

 中性脂肪の増えすぎは体に悪影響を及ぼしますが、具体的に中性脂肪を適正値にするために、どんなことをすれば良いのでしょうか。

 まず、中性脂肪を減らすためにはじめに知る必要があるのは、自分がどれくらい太っているかという「肥満度」です。どれぐらい中性脂肪を減らせばよいのかということを知るのです。

 肥満と聞くと体重が重いということを想像されると思いますが、それだけではありません。体内で脂肪がどれくらい占めているのかを指します。

  たとえば、こんな場合があります。体重は標準で、見た目もスマートな人がいます。ですが、体内の脂肪が多いという場合は肥満ということになります。このよ うなケースは「隠れ肥満」と呼ばれ、自分が肥満であるという自覚も無いためより注意が必要となります。血清脂質の値に気を配るなどして、自らの肥満度を チェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

BMIを使って肥満度をチェックしてみよう

  肥満であるかどうかをチェックするには様々な方法があります。血清脂質の値を見るだけではなく、簡単に肥満度を調べる方法があります。一般的には BMI(ボディ・マス・インデックス)を用います。算出方法は以下のとおりですので、実際に計算して判定してみましょう。”体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)”が、25以上の場合肥満と診断されます。22が理想値で、25未満であれば正常値となります。

25以上の場合は、正常値に戻すよう、食生活を見直して運動を取り入れるようにするなどの改善が必要になります。

 また、BMI値だけでなく体脂肪率も目安となります。現在では、家庭用の体脂肪計も普及してきていますので、チェックしてみましょう。判定基準は男性で体脂肪率25パーセント、女性では30パーセント以上の場合肥満となります。

自分の適性体重を知って、減量に挑戦

  理想のBMI値である22を使って、自分の適性体重を知り、減量にチャレンジしましょう。まず、”身長(m)×身長(m)×22”で自分の適性体重を算出 します。適正体重を意識することで、その数値を目安として自分でコントロールすることができるようになります。適正体重に近づけることによって、中性脂肪 を減らすことにもつながっていきます。

 また、このほかにもウエストの周囲径が男性で85センチ以上、女性で90センチ以上ある場合は内蔵型肥満の疑いがあります。このようにさまざまな方法から自分の肥満度をチェックするように心がけましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿