中性脂肪増加の悪循環「夜食」+「朝食抜き」

一日三食しっかり食べる=肥満の解消

  最近は夜型の生活スタイルになっている人が増えていますが、朝食抜きという人も多いようです。

朝食抜きは肥満に結びつくといわれています。

一日二回の食事 ですと、体は常に飢餓状態となり、エネルギー不足と判断して、食べ物を摂取した時によりたくさん取り込もうとするのです。また、一回に食べる量もどうして も増えてしまいがちです。食事と食事の間の時間も長くなりますから、ついつい間食も増え、結果肥満へとつながっていきます。ダイエットとして食事の回数を 減らすのではなく、一日三食きちんと食べることが、肥満の解消になるのです。

  最近では、朝ごはんを自宅以外で食べる「ソトアサ」族も急増してきています。「朝食をしっかりと」とう思いから、朝早めに家を出て、外食をしたり、コンビ ニで朝ごはんを買って会社のデスクで食べたりなどです。その形はともかくとして、朝食抜きが当たり前という若者が以前はとても多くいたことを考えると、良 い傾向ではあります。

スポンサーリンク

夜食は厳禁!食べたものはすべて中性脂肪へ

  夜食は肥満の元凶といわれますが、なぜでしょうか。

しっかり夕食を食べたあとも、生活が夜型化していると、深夜にお腹が空いてきます。24時間、食べ物を 容易に手に入れられる時代ですから、そこで夜食をとってしまうわけです。

夜は昼にくらべて、人間の体の吸収能力が高まっています。

昼は逆に、消化能力が高 まってます。 夜に、食べ物を摂取してすぐに眠ってしまうと、エネルギーは消費されることなく、中性脂肪として蓄積します。就寝前3時間は、何も食べずに 過ごすことで、エネルギーの中性脂肪化を避けることができます。

朝型のライフスタイルに切り替えよう~一日3食の習慣~

  きちんと一日3食摂ることが、肥満解消につながるとお話しましたが、まず夜型のライフスタイルを朝型に変えてみましょう。夜型の生活をしていると、朝の時 間に余裕がなくなり、朝食を抜いてしまう習慣に陥りがちです。「夜食」+「朝食抜き」これが中性脂肪蓄積の悪循環です。このようにならないため、早起きの 習慣から身につけていきましょう。

 早起きをすることで、朝食をきちんと食べることが出来るようになります。そうすると自然と一日の生活リズムが出来てきます。

 毎日は難しくとも、たまには朝ごはんを「ソトアサ」にしてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿