コレステロールを多く含む食品のとりすぎに注意しよう

中性脂肪だけでなく、コレステロールも?~動脈硬化と高血圧に注意!

   中性脂肪が高いといわれて、普段からなにかと気をつけているという方で、コレステロールについても同様に注意して食生活を送っているでしょうか。コレス テロールは関係ないのでは、と思っているの方も多いと思いますが実際は普段から中性脂肪値の高い方は、コレステロールの摂り方に気を配る必要があります。

コレステロールを摂りすぎてしまうと、動脈硬化や高血圧の原因となり、高中性脂肪の状態と重なると、より一層それらが原因となって引き起こされる生活習慣病にかかるリスクが一気に高まるためです。

 コレステロールを多く含んでいる食品は、肉の脂身の部分やラード、レバー、ベーコン、鶏卵、いくらやたらこやかずのこなどの魚卵に、バターや生クリームなどの脂質です。

スポンサーリンク

まったく食べないのではなく、栄養を考えてコレステロールを減らそう

 特に要注意なのが、コレステロールのかたまりともいわれる、フォアグラ、あんこうの肝、白子などです。これらはいわゆる”グルメフード”ですので、中性脂肪値やコレステロール値の高い人は気をつけなくてはなりません。

  しかし、このような”グルメフード”は、日常的に毎日食卓には上りませんのでその他の食品について考えます。鶏卵は、非常に良質なたんぱく質を含んだエネ ルギー源となりますし、その他のコレステロールの多い食品というのも、ビタミンやミネラルなど私たちの体にとって必要不可欠なものを含んでいるものが多い のです。

 中性脂肪やコレステロールのことを考え、なるべく避けたほうが良いとはいっても、まったく食べないとしてしまうことも良くはありません

 成人のコレステロールの適正摂取量は一日300~400mgです。ここで、中性脂肪を減らす必要のある人は、一日300mg以下に抑えていかなくてはなりません。

 大切になってくるのが、栄養を極端に偏らせることなく、コレステロールの量を減らしていくことです。

食べ方をひと工夫~コレステロールを減らしていこう~

 コレステロールの多い食品を控えることで、徐々に減らしていくことはもちろんですが、食べる時のひと工夫はかかせません。

 たとえば、魚の場合、内臓の部分はコレステロールが多いので食べないようにします。また、頭ごと食べることのできる小魚なども控えるようにしましょう。また、調理しやすい鶏卵ですが、なるべく一日1/2個に抑えます。もしくは卵白だけ食べるなどします。

 こんな工夫を重ねながら、コレステロール値は減らしつつ他の栄養成分はしっかり摂取できることが理想的です。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿