脂質の”質”に注目!~植物性のものを選ぼう~

脂質は大切なエネルギー源だが摂り過ぎは肥満の原因に

 中性脂肪の「原料」となるものは、糖質脂質です。この二つの摂取量が多ければ、当然中性脂肪は増える一方です。

  中性脂肪を減らすためには、その「原料」を減らせばよいのですが、問題となってくるのがどうやって減らしていくか、なのです。なかでも「脂質」は中性脂肪 の原料となりうるのですが、体を動かす重要なエネルギー源でもあるのです。まったく摂取しないというわけにはいかなくなります。

 最近では和食が見直されつつありますが、欧米型の食事スタイルが習慣化している場合は、食事のスタイルを急に変更して脂質を減らすべくしてもすぐには難しいと思います。ここでは「脂質」をもう少し掘り下げてみていきましょう。

スポンサーリンク

脂質はできるだけ「植物性」を~不飽和脂肪酸はコレステロールを減らす

 脂質の量だけを気にするのではなく、脂質の「質」についても着目する必要があります。脂肪は、飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸は、肉類、鶏卵、乳性品などの動物性のものです。不飽和脂肪酸は植物油や魚油に多く含まれます。

  2つに分類される脂質ですが、出来るだけ植物性のものをとったほうがよいといわれています。なぜなら、動物性の飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを増や してしまうからです。たくさんとりすぎると、生活習慣病を発症する原因となりうるのです。その一方で植物性の不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らす はらたきがあるといわれています。

 しかし、植物性の脂質でも、ココナッツ油とヤシ油は飽和脂肪酸が多いため、コレステロールを増やしてしまう恐れがあります。

不飽和脂肪酸をさらに分類~一価と多価がある

 不飽和脂肪酸はコレステロールを減らすはたらきがありますが、その中にも一価と多価に分類されます。

 一価不飽和脂肪酸は、オリーブオイルに含まれるオレイン酸があります。オレイン酸は酸化しにくく、善玉コレステロールを減らすことなく悪玉コレステロールを減少させるという特徴を持っています。

  一方、多価不飽和脂肪酸ですが、n-3系n-6系があります。n-3系は、魚に豊富に含まれるIPAとDHA、リノレン酸(αーリノレン酸ともいう)な どがあります。酸化されやすいという欠点はありますが、血液が固まって詰まるなどということがないように血液をサラサラにしてくれるのです。

 最後にn-6系ですが、ひまわり油や    サフラワー油に多く含まれるリノール酸などがあります。リノール酸には、コレステロールを減らすはたらきがあるのですが、悪玉のみに留まらず善玉も減らしてしまうはらたきがあるのです。

 このようなことから、脂質を動物性ではなく植物性のものをなるべく選びましょう。またさらに、植物性のなかでも、一価かもしくは多価のn-3系のものがよいでしょう。脂質について、少し気をつけて「質」に気を配ってこれからは摂るようにしてみましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿