ワキガ手術はちょっとコワイ。。。そんな方におすすめの治療法

「ワキガ」でお悩みの方は、ワキガ手術を検討されたこともあるのではないでしょうか。ワキガの元となるアポクリン腺やエクリン腺などの汗腺を、手術で取り除いてしまえばワキガを治すことができます。しかし、やはり手術となるとおおごとなので、そこまでの勇気も出ないという方も多いでしょう。

ワキガが軽度のものであれば、手術までせずとも脱毛や除毛だけで臭いを減らすことができます。手術をせずにワキガを軽減させたいという方は、まず次のように治療法を試してみるのも良いでしょう。

まずは、脱毛効果もありワキガも抑えることができる電気凝固法。これはもともと脱毛するためのものなのですが、細い電極針をワキ毛の根本に刺してゆき、高周波電流を流して毛根の組織を熱で凝固させるものです。この毛根部を熱凝固する際にワキガの原因となっている皮脂腺やアポクリン腺も熱処理できるため、その結果ワキガの臭いも抑えることができるというわけです。アポクリン腺は除去せず残ったままなので、効果がずっと続くわけではありませんが、大きな傷あとが残ることもないため試しやすい方法といえます。

スポンサーリンク

また、ボトックス注射も効果的です。ボトックスはボツリヌス菌の毒素を無毒化し、シワ取りや頬のエラを小さくするなど美容整形分野でも使用されているものです。このボトックスを多汗症治療で使用する際は、ワキの皮下に注射をします。そうすると、汗の量を6~7割ほど減らすことができるそうです。ワキガは汗をかくことで臭いが発生するので、汗自体を抑えてしまえば、その臭いも軽減できますよね。効果は約半年といわれていますが、暑い季節はワキ汗でシャツに汗じみができるなどでお困りの方は夏の間だけ効果があるだけでもかなり不快感を減らせるのではないでしょうか。臭いだけではなく汗の量が気になるという方には、注射をするだけと手軽なため、おすすめです。

手術に対して抵抗のある方は、まず手術の前にこのような治療法を試して様子を見てみるのが良いでしょう。専門の治療施設に相談し、アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿