手術でワキガを完全に治す様々な手術法とメリット・デメリット

ワキガを完治させる方法には、外科手術があります。臭いの元となっている汗腺を手術で取り除いてしまえば良いのです。

手術法は複数あるのですが、大きく分けて医師が機械を使って手術の部位を見ずに行うのが非直視下手術法と、手術の部位を直接見ながら行う直視下手術法の2つがあります。

非直視下手術法は「治療が早い」「傷あとが目立たない」という利点があります。この中には、大きなものとして「皮下組織削除法」と「皮下組織吸引法(超音波法)」があります。

皮下組織削除法は、ワキを切開し、アポクリン腺をかき出す方法。傷あとは小さくて済むのですが、医師の技術力が必要なため、経験豊富な医師でないとアポクリン腺が完全にかき出されたかどうかがわかりにくいのが難しいところです。

スポンサーリンク

皮下組織吸引法(超音波法)は、美容外科の脂肪吸引と同じしくみで、アポクリン腺を機械で吸引します。こちらも傷口は小さく体にもやさしいのですが、こちらはアポクリン腺が全て吸い出されているかの判断ができないことが難点。もし腺根が残ってしまった場合、ワキガが再発する可能性もあります。また、発汗量自体を抑えることはできません。

直視手術法は、医師が手術する部位を見ながら直接自分の手で行います。この手術法のうち剪除法は、皮膚を残して皮下組織を切除する(アポクリン腺と皮脂腺をかき取る)方法で、現在もっとも多くの病院で行われている手法です。手術後は皮膚を固定する必要があること、アポクリン腺が点在して残ってしまう可能性があるのがデメリットです。

直視下剥離法が最も再発の心配のないものです。これは、アポクリン腺を皮膚・脂肪層からすべて剥がしてしまいます。汗腺の摘出もしやすく取り残しもありません。手術痕は約半年で目立たなくなります。ただ、切開口を広くとらなければならないため、傷あとがやや目立ちやすいという懸念点があります。

手術の予算や、傷が治るまでに必要な休養期間など、個人の事情に沿って自分に合った手術の方法を検討してみると良いでしょう。手術を行う前に必ず医師と相談し、自分が一番良いと思った方法、一番良いと感じた医師にお願いすることが重要です。また、検討の結果、手術までせずに別の治療法を試すもの良いかと思いますので、ご自身が納得のいく方法をとることが大切ですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿