加齢臭の原因「ノネナール」を減らすにはビタミンCやビタミンEを含む食材を

加齢臭がある程度仕方のないこととはいえ、やっぱりできるだけ減らしたいものですよね。では、加齢臭の元となるノネナールを増やさないようにするために、食事を見直してみましょう。

ノネナールが増える原因は、活性酸素による酸化現象

スポンサーリンク

なので抗酸化作用のある野菜や果物を摂取するようにしましょう。抗酸化作用のある物質はビタミンCやビタミンEです。ビタミンCが多く含まれているものは、柑橘系の果物やトマト、パセリ、ブロッコリー、ししとう、ピーマン、小松菜、チンゲン菜、春菊、ほうれん草、大葉(シソ)、さやえんどう、わけぎ、葉ネギ、ニラなどです。またビタミンEを多く含んでいるものは、アボカド、カボチャ、さつまいも、大根の葉っぱ、たけのこ、ほうれん草など。またすじこやいくら、たらこなどの魚卵にも多く含まれていますが、これらはコレステロール値も高くなるので食べ過ぎには注意が必要です。納豆や豆腐など、大豆を加工した食品や、薬味のわさび、魚介類や海草類を摂るのもオススメですね。

肉類は脂肪酸の分泌を高めてしまうため、あまりオススメできません。まったく食べないというのも健康に良くないのですが、今まで肉中心の献立が大好きだったという方は一度見直してみてはいかがでしょう。様々な食材をバランスよく摂取し、偏った食生活を正すことで、ダイエット効果も期待できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿