自分の口臭はどのくらい?セルフチェックで確かめよう

誰かと話をしているときなどに、「うわ、このヒト口が臭いな~」と思ったりすることがありませんが。でも、自分の臭いは意外と自分ではわかりにくいものです。ふだん他人の口臭ばかり気になるものの、もしかしたら自分も…。と考え始めると不安になりますよね。

そんなときには、自分が不快な口臭を発していないかセルフチェックをしてみましょう。こちらのチェック方法で、自分の口臭がどのくらいのものか、ある程度判断することができます。

まず、食べ物などの臭いがついていない紙袋を用意します。次に紙袋の口に、鼻と口を当てて空気が漏れないように周りを手で押さえます。そして、鼻から息を吸い口から吐く、というのを繰り返します。すると袋の中にはあなたの呼気が溜まっていきます。何度か繰り返すうちに、袋の空気に臭いがついてきて、なんとなく臭いが感じられるようになります。それがあなたの口臭です。

スポンサーリンク

紙袋がないときは、大きめのコップやマスクなどでも試すことができます。このセルフチェックを行ってみて臭いが強いようでしたら、口臭を予防する対策を考えてみたほうがよいですね。

当然、人間の口は食べ物を摂取する器官ですし、内臓とつながっているためゲップなども出ます。そのため誰でもある程度臭いはあるものです。しかし周りの人に不快感を与えるほどであれば問題です。きつい口臭がある場合、もしかしたら唾液量が少なくなっているのかもしれません。

唾液には殺菌する力があるため、口の中の雑菌を抑えてくれる働きもします。唾液の分泌が少なくなると殺菌効果が薄れるため、口の臭いが普段よりもきつくなります。口の中が乾きがちなとき、たとえば起床時や緊張時、空腹時などに口臭が強くなりやすいのはこういった理由からですね。唾液をたくさん出すことで口臭も弱くなりますから、ガムを噛んでいたり、うがいなどで口の中を潤すと口臭予防につながります。また、口呼吸が癖になっている方は口内が乾きがちになります。なるべく鼻呼吸を意識するようにしましょう。

口臭予防はエチケットです。人前でどんなに面白い話をしても口臭があればあなたの魅力が半減することも。周りの人に不快な思いをさせたないためにも、じゅうぶん注意していきたいものですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿