自覚症状が出にくい歯周病は早いうちに炭入り歯磨き粉で予防

歯周病は口臭の原因となります。そのため、歯周病と思われる方はまず治療をすることが大切です。

歯と歯茎の間にある溝を歯周ポケットと呼びますが、この歯周ポケットに3mm以上の深さがあると歯周病だと診断されます。この歯周ポケットの深さがあればあるほど歯垢や食べかすが溜まりやすく、歯ぐきが腫れたり、血が出たり、口臭が発生したりするのです。

この歯周ポケットの汚れは歯医者でとってもらうことができます。歯周病は初期段階で自覚症状が出づらいため、半年に一度くらいはかかりつけの歯科で定期検診を行ってもらうとよいでしょう。体調によって少し歯茎が腫れるようなことがあっても、出血したり膿が出たりすると一時的に症状が治まるため、治ったと思われる方も多いですが、実は病気が進行していることもあります。これを繰り返していると歯周病が慢性化するおそれもあります。

スポンサーリンク

こういった歯周病を予防するためには、やはり毎食後の歯磨きで汚れを落とすこと。昔と食習慣が異なるため、今や子供の歯周病も当たり前になっています。小さな頃から正しい歯磨き習慣をつけることが、将来に歯をたくさん残すために重要なのです。

そんな毎日の歯磨きにおすすめなのが炭入り歯磨き粉。炭には汚れを吸着する効果がありますので、食べかす、歯垢、バクテリアなども吸着してくれます。口の中を清潔に保つことができるため、歯周病予防ができます。炭の遠赤外線効果で歯ぐきの炎症も治まり、続けるうちに歯周病の腫れや出血を抑えて歯ぐきもキュッと引き締まってきます。

さらに、炭には消臭効果もあります。臭いの気になるところに炭を置くとよい、なんてよく聞きますよね。そのため、口臭も減らす働きもしてくれるのです。

炭入り歯磨き粉は見た目が黒いため、使う前にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、いざ使ってみると爽快感を得ることができますので、ぜひ家族みんなで使用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿