破壊されたコラーゲン繊維を修復。歯周病改善にビタミンC入り歯磨き剤を

口臭の原因ともなる歯周病は、中高年以上の年代でかかるものであるというイメージがありませんか?

しかし、今や10代に約40%、20代に約50パーセントの罹患率であるといいます。若い年代から歯周病にかかってしまうと、口臭が出やすくなったり、将来歯を失う率も上がってしまいますよね。

歯周病は虫歯と異なり痛みが出にくいため、ある日突然、歯ぐきから血や膿が出るようになっていたとか、歯がグラグラするようになったりと症状がかなり進行してから気づきがち。予防と早期発見が重要です。

スポンサーリンク

歯周病の原因となるのは歯垢をエサとして増殖する歯周病菌です。歯周病菌は歯茎の隙間に入り込み、歯と歯茎、歯の周りの骨である歯槽骨を結びつける大切なコラーゲン繊維を壊すのです。そのせいで歯茎が弱くなり、腫れや出血の症状としてあらわれます。それが進行すると、歯の土台となっている骨にまで悪い影響が出るのです。

歯周病菌により壊された、コラーゲン繊維の再生におすすめなのはビタミンC配合の歯磨き剤。レモンやオレンジなどの柑橘類に多く含まれるビタミンCは、コラーゲンを合成する働きがあります。そのため、ビタミンC入りの歯磨き剤はコラーゲン繊維の再生を助け、歯茎の腫れや出血などを鎮める効果があるのですね。使い続けるうちに歯茎も引き締まり、健康な歯茎となっていきます。

ビタミンC配合の歯磨き剤はドラッグストアなどで市販されています。歯周病予防として、または歯周病を治療している最中での使用や治療後の再発予防に効果的です。1日2回、毎日の歯磨きのときに取り入れてみましょう。歯周病、および口臭の改善に役立ちます。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿