口臭は仕事にも悪影響!緑茶うがいで唾液の分泌を促そう

ふだん仕事で人と接することが多い方は、口臭予防には気をつけたいもの。コミュニケーションが円滑にいかない原因が口臭にあることも珍しくありません。

デパートで接客業をしているHさんは、自分の売り上げがなかなかあがらないことに悩んでいました。

「お客様とお話ししているときに、相手がちょっと引きぎみになっていることには気づいていました。最初は接客態度とかセールストークに問題があるのかなと思って、改善するように努めていたんですが…。」

ある日、離れて暮らす母親と久しぶりに会った際に、口臭のことを指摘されたそうです。

「ショックでした。今まで気づかずにお客様や同僚に迷惑をかけていたんだなって…。もう恥ずかしくて。」

スポンサーリンク

落ち込むHさんにお母さんがすすめてくれたは「緑茶うがい」でした。お茶を淹れたときに緑茶を口に含んでブクブクと30秒ほどうがいをし、さらに茶がらを口に入れて、ガムを噛むようにこちらも30秒ほどモグモグとするのだそうです。口臭解消の方法として何かで読んだことがあるとのこと。

Hさんは試しに自宅で実践してみることにしました。また外出先では緑茶を飲むようにして、かならずうがいも行うようにしたそうです。すると、1か月後に母親に会ったときに「臭いがなくなったんじゃない?」と言われました。確かに仕事中もお客様や同僚に嫌な顔をされることもなくなり、コミュニケーションがスムーズにいくようになったと気づいたのです。緑茶うがいの効果ですね。

うがいをしたり、茶がらを噛むことで唾液の分泌が盛んになります。唾液の殺菌力で細菌の繁殖力を弱め口臭を防いでくれるのです。さらに緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用があり臭いの原因物質を分解、さらにフラボノイドの消臭効果も口臭予防には効き目があります。緑茶パワーってすごいですね。

ちなみに、緑茶うがいはペットボトルのお茶でも効果があります。ストレスなどで口の中が乾きがちな方は、この緑茶うがいで唾液をたくさん出して口臭予防をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿