「食事はゆっくり、よく噛んで」唾液をたくさん出す食材や食べ方

現代人はだんだん噛む力が弱くなっているといわれています。たとえば2000年ほど前の日本人は、1回の食事で約4000回も噛んでいたといいますが、今の私たちはだいたい平均600回ほどしか噛まないそうです。

また噛みごたえのある堅い食べ物は若い人たちには敬遠されがちであり、あまり噛まずにすむやわらかい食べ物が好まれているそう。

しかし一方で、物をよく噛んで食べることは脳の働きを活発にさせることも知られており、噛むことで出る唾液は虫歯や歯周病予防に効果的です。よく噛まないことで胃に負担がかかり、消化も悪くなるのでよくありません。

食事のたびによく噛むようにするためには、まず食材選びから見直しましょう。ゴボウやレンコン、ニンジンなどの根菜類は繊維質が豊富であり、よく噛まないと飲み込めません。

スポンサーリンク

生野菜なども必然的に噛む回数が増え、唾液の分泌も盛んになるでしょう。これらものは加熱しすぎるとやわらかくなりすぎるので注意が必要です。主食も白米から玄米や雑穀米に変えるのもおすすめです。特に玄米は噛みごたえがあり、さらに噛めば噛むほど甘みが感じられるようになります。これらの食材を使うと噛む回数も自然と増えます。

さらに食材を大きく切るのも効果的。一口で食べられないため、よく噛むようになります。食感の異なる食材を組み合わせて調理することも、噛みごたえが均一ではなくなるため噛む回数を増やしてくれます。

また、水分の少ないおかずだと噛まずに飲み込むのが難しいため、そのようなメニューにするのもいいですね。スープやお茶漬けなどは水分が多いため、咀嚼しなくてもすぐに飲み込めてしまい、噛む回数が少なくなります。水分の少ない揚げ物や焼き物は自然と咀嚼の回数が増えるため唾液の量も増えます。

食事のときに水やお茶を飲みすぎるのもよくありません。水分で流し込むクセがついてしまうからです。お茶などをいただくときは、食後にゆっくりと飲むのがよいでしょう。

そして何よりも大切なのは「食事のたびに意識して噛むようにすること」です。食事はあまり口いっぱいに詰め込むようなことはせず、ひとくちで入る量を口に入れて、ゆっくり何回も噛みます。そうすると食べ過ぎることも防げるので、ダイエットにも効果的です。

いっぱい噛んでたくさん唾液を出して、口の中をきれいに保つように心がけましょうね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿