舌回しで舌苔を減らし口中の雑菌も洗い流す

舌にある白い苔のような舌苔は、食べ物のカスや古い角質などがたまり細菌が繁殖すると口臭の原因にもなります。この舌苔をケアすることで、口臭が大幅に改善することもあります。

舌苔をとるのにおすすめしたいのが「舌回し」。舌の筋肉はかなり強く、繊細な動きをすることができます。食べ物を摂取しているときも、舌は口に入った食べ物を唾液とからませるなどの動きを無意識に行っていますよね?

またおしゃべりするときも舌の動きで発声をコントロールして、言葉を話すことができています。さらに、舌は複数の経絡とつながっているため、舌のツボを刺激することで体の不調な部分を治す効果も期待できます。舌回しを行うと舌の指圧を行わなくとも、これら舌のツボを刺激することができて内臓の働きも整い、内臓の不調によってもできやすくなる舌苔が減ると考えられるのですね。

スポンサーリンク

舌回しのやり方は以下のとおりです。事前準備として、口を水でゆすぎ、舌についている汚れをガーゼやタオルなどで軽くふき取っておきましょう。

①口を閉じて、舌先が歯の外側をなぞるようにしながら、右に10回、左に10回まわす。

②舌をできるだけ外に突き出し、右に10回、左に10回、大きく回す。

③舌をできるだけ外に出したり、口の中に引っ込めたりする動きを10往復行う。終わったあとは再び口をゆすぎましょう。

舌回しは朝と夜、2回行うのが理想的です。舌回しには副交感神経を活発にする働きもありますので、朝行うと気分がすっきりとし、夜はリラックス効果が得られます。

舌を回すことで唾液の分泌が盛んになり、舌苔にすみついた雑菌を洗い流してくれます。舌回しを行うと、舌苔そのものを減らし、舌苔にいる雑菌も少なくできるというわけですね。毎日できる簡単な舌苔ケアとして、おすすめです。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿