なかなかとれないしつこい舌苔はスプーンケアで取り除く

舌苔は細菌のすみかとなるため、口臭の原因にもなるというのは有名な話。この舌苔を除去する場合は、タオルや歯ブラシなどで優しくこするなどの方法がありますが、毎日ケアしていても取れていないという方は、もしかするとケアする際に舌苔を舌の表面の細かい溝に入れてしまっているのかもしれせん

心当たりのある方は、小さ目のスプーンなどの金属で舌の表面を軽くこすってみましょう。あまり強くこすると舌を傷つけますので、あくまでも軽くなでるようにします。そうすると、スプーンに白いものがつきませんか?

スポンサーリンク

何度か繰り返し、スプーンに白いものがついてこなくなり、スプーンを嗅いで臭いが気にならなくなったら終了です。あまり取れている気がしなくても、ゴシゴシするのは厳禁。毎日少しずつ続けていけば口臭が軽減されます。

このスプーンでのケアは朝起きてすぐ、歯磨きや朝食をとるより前に行いましょう。眠っている夜のあいだ、人間の体内では排毒機能が働いているため、舌の表面には重金属や価格物質などの体に不要なものが浮き出してきます。それを除去しないまま歯磨きや食事を行うと、その不要な物質が体内に逆戻りしてしまうからです。

舌苔とともに体内の不要なものも除去できるケアを、みなさんも毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿