口の中のリンパもつまる?リンパマッサージで口内も健康的に

体内のリンパ液の流れが滞ると、さまざまな体の不調として表れることがあります。足のむくみを解消するために太ももの付け根などをマッサージしたりすることがありますが、口の中にもリンパ管があり、このリンパ管がつまってしまうと唾液の出が悪くなるといわれています。

このリンパ管のつまりをとるために、口の中もリンパマッサージをしましょう。このマッサージのポイントは、まず最初に首のリンパを活性化させるために首をさすっておくこと。首には太いリンパ管が集まっており、心臓から近いこともあって、このリンパ管の働きをよくしておくと毒素を排出しやすくなります。また、マッサージは優しく行うこと。首も口の中もなでるぐらいでOKです。あまり強い力でマッサージを行うとリンパ管がけいれんを起こし、リンパ液がうまく流れなくなってしまいます。

スポンサーリンク

では、リンパマッサージのやり方です。口の中に指を入れるので手はきちんと洗っておきましょう。爪の長い方は短く切っておくと口内を傷つける心配もありません。

①耳の後ろあたりから鎖骨の端ぐらいまで、手のひらを首に密着させる感じでなでていきます。

②鎖骨の上側のくぼみを、体の外から中に向かってなでて、リンパ液を流します。

③片方の手を頬にあてて、口を開きます。もう片方の手の人差し指を口の中に入れて、内側から頬の部分を優しく、まんべんなく、1カ所につき5回ほどゆっくりと押してください。力任せにぐいぐい押すことはしないように。

このマッサージを1日に2~3分ほど行うと、唾液の出がよくなり口臭も気にならなくなります。唾液の量が少ないと感じる方は、いつでもどこでも道具なしでできるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿