舌を傷つけずに舌苔をとるためにはキウイフルーツをデザートに

口臭が気になるときに考えられる要因はさまざまです。前の日に食べたものや、直前に飲んだものの臭い、治療していない虫歯や内臓疾患から起こる臭い、そして舌の汚れも口臭の元となります。

舌の表面は細かいひだのようなもので覆われています。舌の表面が白っぽくなっているのは、このひだにくっついた舌苔が原因です。舌苔は食べ物のカスや古くなってはがれ落ちた細胞などに、細菌がすみついている状態のもの。

歯の表面につく歯垢と同じく、タンパク質でできています。臭いの元となる硫化水素の発生を抑えるためには、歯磨きをするときに歯についた歯垢を取り除くだけでなく、この舌苔も一緒に取り除くことが大切なのです。

スポンサーリンク

舌苔は歯ブラシで軽くこすったり、舌苔ケア専用の舌ブラシを使うなどといったやり方で取ることができます。ただ、舌はとても傷つきやすいためあまり強い刺激を与えると痛みが発生することもあるので注意。

舌に優しい方法で舌苔をとるためには、キウイフルーツもおすすめ。キウイフルーツにはタンパク質を分解するアクチニジンという成分を含んでいるため、同じタンパク質の塊である舌苔を取り除く効果があります。食事のデザートにキウイフルーツをとりいれて手軽に口内ケアをしてみてはいかがですか。

キウイフルーツの食べ方のポイントは、まず皮をむいて輪切りにしたキウイフルーツを舌の上に乗せて、30秒ほどの間キャンデーをなめるように舌の中で転がします。アクチニジンは唾液に溶けやすく、舌の上で転がすと細かいひだの間にも酵素成分が行きわたるため効果がアップします。

キウイフルーツのほかにも、パイナップルやパパイヤにも同様の酵素が含まれています。これらを食後のデザートとして食べると歯垢や舌苔がゆるむため、その後の歯磨きで効果的に汚れを落とすことができるでしょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿