臭いの強いものを食べたあとに口臭を急いで消したいときは

「今日は人と会う予定がないから、お昼はニンニクたっぷりのパスタにしよう!」そう思って昼食をとったあとに急なお客さんが来ることに。自分でもわかるぐらいにニンニク臭がぷんぷんしているのにどうしよう!とあせった経験はありませんか? こういう場合、歯磨きをしてもしつこい臭いはなかなかとれないんですよね。

このようなピンチのときには、応急処置として臭いをやわらげる方法があります。

まずポピュラーな方法としては、牛乳を飲むこと。牛乳を飲むと胃の中の酸の働きで凝固し、臭いの元を包み込んでくれます。そのため、胃の中のニンニク臭が口から出るのを防いでくれるんですね。

スポンサーリンク

とはいえ、本当に臭いがなくなったのか心配、という方はオキシドールでうがいをしてみてはいかがでしょうか。オキシドールは殺菌消毒剤でドラッグストアなどにも置いてあります。消毒用としてご家庭に常備している方もいるのではないでしょうか。このオキシドールを水で2倍ほどの薄さにします。

このオキシドール水でうがいをすることで、口臭の元となる汚れを分解してくれるのですが、汚れが分解されている合図として泡が発生します。この泡が立つうちは汚れが分解されておらず臭いがあるということ。何度か繰りかえすうちに泡が立たなくなってくるでしょう。

あとはマスクをするとか、相手となるべく近づかないといった工夫でやり過ごしましょう。人の口臭は1mほど離れれば感じないといわれています。あまりしゃべらず、口を開かなければそんなに臭いを悟られることもないでしょう。

しかしこれは応急処置的な口臭対策にほかなりません。常に口臭がある場合は歯周病や便秘、内臓疾患などの可能性がありますので、元から解消できるように原因をかならずつきとめましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿