腸内に善玉菌を増やせば便のイヤな臭いを抑えられる

ご存知の方も多いと思いますが、人間の腸の中にはビフィズス菌などの善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌といった悪玉菌が存在しています。善玉菌は腸内環境を整える役目をしてくれますが、悪玉菌は便を腐敗させ悪臭の元となります。

そもそも便というものは食べ物の残りカスなので多少は臭いがあって当然です。しかし健康な状態の便であれば悪臭というほど臭いません。腸内で吸収されていないタンパク質や脂質を悪玉菌が分解、発酵させるときに発する腐敗臭があの不快な臭いとなるのです。

しかもこのときの悪臭成分は、血圧を変動させたり、腸内で炎症を起こしたり、発がん性物質に変わるなど健康を害するおそれがあるものです。便がとても臭うときは腸の中で悪玉菌が増えているということになるため、注意が必要です。便の臭いをやわらげ、常に健康でいるためには、腸内環境を整えることも考えましょう。

スポンサーリンク

腸内に善玉菌を増やすためにはヨーグルトを食べるとよいということは広く知られています。ヨーグルトには善玉菌であるビフィズス菌が含まれていますので、手軽に善玉菌を取り込むことができます。ただヨーグルトに含まれているビフィズス菌は胃の中で大半が死んでしまい、腸に届く数はごくわずかしかありません。そのため、ヨーグルトはたまに食べるのではなく、毎日食べ続けることが善玉菌を増やすポイントなのです。

よりビフィズス菌の活動を活発にするためには、オリゴ糖を含んだ食材も一緒にとるとビフィズス菌のエサとなりますので効果的ですね。オリゴ糖を多く含む食材としては、大豆、ゴボウ、アスパラガス、玉ねぎ、ハチミツなどです。また悪玉菌を除去してくれるセルロースやペクチンなどの食物繊維もきちんととりましょう。

普段から肉ばかり食べるなど栄養に偏りがあったり、食べる時間が日によってまちまちだったりと腸に負担をかけ続けると、善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまいます。また、食事の際によく噛まずに飲み込んでしまうクセのある人も要注意。消化しきれなかったものが腸で腐敗して臭いを発生させてしまうことになります。

またストレスを強く感じる生活を長く続けるのもNG。体がストレス状態になると消化酵素の働きが悪くなり便秘ぎみになります。体内にずっと便があることになりますから当然、腐敗が進んで悪臭の原因となるのです。規則正しい生活と、バランスのとれた食生活で体の中から臭いの元を絶ちましょうね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿