毎朝すっきり「良い便」を出すために心がけなければならないことは?

毎朝トイレで「良い便」を出す習慣があると、体内に不要なものが溜まらないので理想的です。

では、「良い便」とはどんなものでしょうか。理想の便は硬すぎず、軟らかすぎず、便意が来たらすぐにストンと排出されるバナナのような便です。

色も黒すぎない黄色で、臭いもさほど気になりません。良い便は、全体量の80%が水分。残りの20%は食べ物のかすや腸内細菌の死骸、古くなった腸粘膜などでできています。水っぽいとか、逆にコロコロとウサギのフンみたいだとか、色が真っ黒、などという便はあまり健康的ではありません。

便の質を良くするためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。まずは便の材料となるものについて考えてみましょう。

まずは食べ物のかす。この内容によって便質や量が変わってきます。食物繊維の少ない食事ばかりとっていると、水分を保つことができずに便秘ぎみになります。また、お肉など植物性脂肪の多いものをたくさん摂取し続けると、腸内の悪玉菌を増やす要因となり、結果的に便が腐敗してしまうため、腸内環境を乱してしまいます。

まずは野菜や果物、海藻類やキノコ類などの食物繊維が豊富な食べ物を摂取することが大切です。

そして、腸内に善玉菌を増やすことも有効です。ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆、オリゴ糖などをこまめに摂取するようにしましょう。発酵食品をとると体内に善玉菌が増えて腸内環境を整えてくれます。

そして忘れがちなのが「便を出す力を鍛える」こと。便を出そうとしてもお腹に力が入らないとうまく排出できないことがあります。特に運動不足を感じている方は、無理なく続けられるウォーキングなどの軽い運動で体を動かし、腹回りの筋肉を刺激することで上手に便を出すことができるようになるでしょう。

これらに気をつけることで、あなたの便の質はかなり向上するはず。毎朝気持ちのよい便を出して、健康を保っていけば、臭いもきっと気にならなくなりますよ。

カテゴリー

最近の投稿