腸の毒素を排出しやすく!オリーブオイルかけトマトサラダ

オリーブオイルを摂取すると、腸を刺激して便通をよくしてくれます

オリーブオイルには「オレイン酸」という不飽和脂肪酸が含まれており、このオレイン酸は小腸で吸収されにくいことがわかっています。そのため、ある程度まとまった量(30ミリリットルぐらい)を一度にとると、オイルが小腸を通過し大腸まで届くため、腸を刺激してくれて排便を助けてくれるというわけです。

イタリア料理ではオリーブオイルをふんだんに使いますが、イタリアでは子供の便秘予防としてオリーブオイルをティースプーン1杯与えるとよい、といわれています。また、便秘により下剤を常用している64人の患者に対して、2週間のあいだ、30ミリリットルのオリーブオイルを毎日摂取してもらう実験を行ったところ、うち62人は下剤の使用量を減らすことができたそうです。また、オリーブオイルを日常的によく使っているスペインや南イタリアでは結腸癌の死亡率も低いことがわかっています。

スポンサーリンク

このようなことから、普段の食事の中にオリーブオイルを使用すると、便秘の解消に役立つでしょう。

おいしく手軽にオリーブオイルを取るためにおすすめの料理があります。それは生のトマトにオリーブオイルをかけたトマトサラダ。トマトにはペクチンという水溶性の食物繊維が含まれていて、この水溶性食物繊維が水を含み便をやわらかくしてくれます。その他にも、血中コレステロールを下げる働きや、血糖値が上がりにくくなるという効果も期待できます。さらに、トマトの中のリコピンという成分は大腸癌の発生も抑えてくれる働きがあることがわかっているのです。このトマトサラダのオレイン酸と食物繊維とリコピンの作用で、腸に溜まった毒素を排出し、腸内の環境を整えてくれるというわけですね。

毎日の食事にトマトサラダを一品加えて、おいしくいただきながら健康な腸を目指してみてはいかがですか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿