便秘改善に朝1杯の水。レモンも加えてさらなる効果

「便秘のときには、朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲むとよい」ということはよく聞きます。これは「胃結腸反射」といって、胃の中に水が入ると、腸も刺激を受けて目を覚まし、便を出そうという蠕動運動を始めるというものです。胃袋が空の状態で水を飲んだり、朝食を食べたりといったことでこの反応が起こるため、朝食後に必ず排便したくなるという方も多いでしょう。

基本的に水分をとることは、便秘解消に役立ちます。体が水分不足になることで、腸が食物から水分をなるべく吸収しようとするため、便が硬くなって排出が困難になります。水をとることで便の容積が増え、腸を刺激するため排便しやすくなるのです。

スポンサーリンク

便秘を解消するためにはじゅうぶんな水分を摂取することは大事です。さらに効果を増すために、その水に「レモン」を加えてみてはいかがでしょう。朝起きてすぐ飲むコップ1杯の水に、レモンをひと絞りするだけです。レモンに含まれるビタミンCが腸の働きを活性化してくれて、ビタミンCが腸で分解されるときに発生するガスが、腸の蠕動運動を助けてくれる効果があるというのです。

朝1杯のレモン水は、水分で便をやわらかくしてくれる効果、腸を刺激してくれる効果、腸の蠕動運動を助けてくれる効果があるため、便秘解消にはうってつけ。朝一番に水を飲んだあとは、朝食もしっかりととることで腸が活発に働きますので、朝食がとれるぐらい早起きすることも大切ですね。

ただし注意が必要なのは、便秘の原因がストレス過多や寝不足などによるものだったらレモン水が不向きな場合があります。このようなことが原因で起こる便秘は、腸が過敏に反応しすぎてしまって痙攣を起こしたために便の通りが悪くなる、という便秘である可能性もあり、そのような状態のときは冷たい水をあまりとらないほうが良いからです。そういった方は、冷たい水にではなく、温かいお湯にレモンをしぼって飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿