足をバタバタさせてガスを抜くガス抜き運動のススメ

「最近、おならの臭いが気になる」という方はいませんか?

そもそもおならはどうしてできるのでしょうか。おならとは、腸内に溜まった老廃物から出るガスです。腸の状態が良ければ、たとえおならが出たとしてもそんなに臭いはありません。

しかし、腸の活動が低下していると、臭いの強いおならとなります。とはいえ「おならが臭いぐらいどうってことない」と放置している人は注意が必要です。なぜなら、お腹に溜まったガスが、腸管の神経や血管を圧迫すると、各器官の機能を低下させることになり、体内の器官がうまく機能しなくなると、外部から体内に入った病原菌への抵抗力が低下してしまうからです。

スポンサーリンク

初期の生活習慣病患者や、末期癌の患者の腸内にはガスが充満していることが多く、肩こりや腰痛、冷え症などのもこの腸内に溜まりすぎたガスが原因となることが珍しくないそうです。ガスが腸内に留まったままだと、悪玉菌を増やし、発ガン物質と変化することもわかっています。

おならが頻繁に出すぎる人、悪臭が強すぎる人は、腸に何らかの問題があるのかもしれません。こういった状態を避けるために、腸内のガス抜きを意図的に行いましょう。

ガス抜きのための良い運動があります。その運動はうつぶせになって足をバタバタを動かすだけ。うつぶせの状態で足を上下にバタバタさせると、腸を刺激してお腹に溜まったガスを抜くことができるというわけです。

ひと晩ガスを溜めたままにしておくと、疲労回復に影響が出ます。なのでこの運動は夜寝る前に行うと良いでしょう。

「なんとなくお腹が張って苦しい」という方は、腸内にガスが溜まっているかもしれませんので、ぜひこの運動を行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿