炭の脱臭効果を利用して炭入り化粧水で臭いの元を吸着

「若いときはあまり気にしてなかったんです。でも一度気になると自分がすごく異常なんじゃないかと思うようになって…」と語るのは40代女性のFさん。

Fさんの悩みは、自分の陰部が他の人より臭うのでは、ということ。トイレのたびに自分でも臭いを感じるほどでしたが、他の人がトイレを使用したすぐ後に入っても、そんな臭いを感じたことはありません。もしやこんな臭いがするのは自分だけなんじゃ…と不安になったそうです。

Fさんは事務職で、ほぼ一日中イスに座りっぱなし。特に夏などはムレてしまい、かゆみも出るし、屈んだときなどにふと臭ってくるときもありました。会社の人もこの臭いに気づいているのではとビクビクするようになったそうです。

スポンサーリンク

ある晩、Fさんはお風呂上りの肌の手入れのために炭の化粧水を顔につけていました。この化粧水は薬用炭の粉末が混ざったもの。炭には消臭、脱臭効果もあります。Fさんはふと、「これを陰部に塗ってみたらどうだろうか」と思いついたそうです。さっそく試しに塗ってみたところ、特に刺激を感じることもなく、かゆみも治まったような気もしました。「これは効果があるのかもしれない、と続けてみたところ、1か月ほどで臭いが気にならなくなったんです!」とFさん。

あるときから炭の効果が話題になり、今では炭を使った消臭、脱臭や汚れを取る効果のある商品が次々開発されています。炭には小さい穴がたくさん空いていて、この穴に臭いや汚れが吸着することで、水をきれいにしたり、臭いを消したりする作用となるわけです。Fさんの場合も、この炭の働きにより気になる臭いの元が吸着されたのでしょう。

この方法は、加齢臭予防にも使えます。同じように炭の化粧水を耳の後ろや首周りに塗ると、臭いが軽減できそうですよね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿