足の臭いの元となる雑菌を撃退!清潔に保つためのポイントとは

気になる足の臭いの一番の原因は「足のムレ」です。足の裏には汗腺がたくさんあるため、たった1日過ごしただけでコップ一杯分の汗をかくといわれています。

汗をいくらかいたとしても、汗自体には臭いがありません。しかし、汗をかいたまま放置すると、皮膚にいる常在菌が脂肪酸へと変化させ、それが臭いの元となるのです。また常在菌は人間の垢を養分として増えるのですが、足は垢が出やすい部分。皮脂腺からの分泌物と混ざることにより臭いも強くなります

一日中、靴下や靴を履いていると足は特にムレがち。汗が蒸発することもできないので、常にしめった状態になります。そうすると厚めの角質層がはがれやすくなり大量の垢となるのです。現代人の足は、非常に常在菌が繁殖しやすい環境というわけですね。

スポンサーリンク

足の臭いを予防するためには、足を清潔な状態に保つこと。爪を伸ばしていると菌がたまりやすくなるのでマメに切りましょう。そして、お風呂でも丁寧に足を洗うのはもちろんのこと。その他に足を清潔に保つためにおすすめしたいのは「木酢液」。

たらいなどに40度以上のお湯を7分目ぐらいまで入れ、木酢液をコップ1杯ほど入れます。そして足を10~15分ほどつけるのです。木酢液には殺菌効果があるため、雑菌の繁殖を防いでくれます。

また毎日の生活の中では、以下のことに気を付けるようにしましょう。まず、足に汗をかかないようにすること。足専用の制汗剤などが市販されていますので、それらを使用してみましょう。足に汗をかいても臭いが出ないように消臭スプレーもあります。また素足に直接靴を履くとムレやすくなります。必ず靴下をはくようにし、汗をよく吸ってくれる中敷きを使うのも効果的。

一日履いた靴にも、抗菌スプレーを吹き付け雑菌の繁殖を防ぎ、消臭スプレーなどでケアをして臭いがつかないようにしましょう。そして同じ靴を何日も続けて履くと、湿気がこもりがちになります。数足の靴をローテーションで履くなどの工夫も大切ですね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿