臭いの原因の常在菌をやっつける遠赤外線とミネラル豊富な溶岩靴下

一日中、靴を履いていると足がムレてしまい、足の臭いが気になる方も多いでしょう。通気性をよくすることである程度臭いの発生を抑えることができるので、下駄などを日常的に使用すればよいのですが、会社に出勤したりおしゃれを楽しんだりするには少し難しいですよね。

足の臭いは、常在菌が汗に含まれる分泌物を分解するときに発生します。ということは、足の常在菌の数を減らせば、臭いの発生も抑えられることになります。

そのような発想で、殺菌力を高めた靴下が開発されています。その中には溶岩をパウダー状に粉砕して、繊維に練りこんだ「溶岩靴下」というものもあり、消臭効果に優れています。

スポンサーリンク

溶岩は遠赤外線を放射しています。遠赤外線は優れた殺菌効果があり、食品加工過程においての殺菌に使用されているほど。また溶岩には天然ミネラル成分も豊富で、その中の亜鉛や銅にも殺菌作用があります。

溶岩靴下を使った実験では、足の悪臭成分であるアンモニアガスや硫化水素ガスの除去効果について、アンモニアガスでは99%、硫化水素ガスは89%も除去できたという結果が出ています。また、この靴下は水虫の原因である白癬菌に対しても抗菌作用があることが確認されています。遠赤外線の効果と、各種ミネラルの作用がこのような殺菌効果を生み出しているのでしょう。

常に足の臭いが気になる人は、仕事でお客様のお宅に上がるときや、飲み会で靴を脱がなけれいけないときなどに不安な気持ちになることもありますよね。このように殺菌作用のある靴下などを使用することで、そのお悩みを解消できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿