ホタテ貝殻セラミックスの中敷きで冷えの悩みも臭いの悩みも解消

いつも体が火照っているために汗をかきやすい人もいますが、それとは逆に、冷え症で悩んでいるのに足に汗をかきやすいという方もいます。寒いから足元に暖房を置くと、冷えているのに足が汗をかいてしまい、靴の中がムレやすくなってしまうというのです。また、足が冷えないように暖かい裏地のついたブーツなどを履いているとき、寒い屋外にいるうちは良いのですが、お店など建物内に入ると暑くなってとたんに汗をかいてしまいがち。裏地はあまり汗を吸収しないため、不快な思いをすることもあるでしょう。蒸し暑い梅雨の季節にレインブーツなどを履く場合も同様です。

そういう経験のある方は、消臭効果のある「ホタテの貝殻」を使用した中敷きを靴の中に入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

この靴の中敷きには、ホタテ貝殻セラミックスが混ざっており、強力な抗菌・防臭効果があります。靴に入れておくだけで、臭いの原因菌を撃退してくれるというわけです。さらに素材自体も環境によって吸湿したり放湿したりする機能があり、保温性にも優れています。ホタテ貝殻セラミックスは天然成分で皮膚にもやさしく、本来なら捨てられるはずのホタテの貝殻を再利用しているので環境にも優しいのです。

特に前述のような、寒い季節になると足先が冷え切ってしまうほどの冷え症の人は、まるで厚手の靴下をもう一枚履いているような快適な暖かさを感じることができるでしょう。さらに汗を吸収し、臭いも抑えてくれるのですからありがたいですよね。

足を清潔に保つことももちろん大事ですが、それだけでは臭いがなくならない!という人は、このようなグッズを上手に使って、臭いを気にしなくてよい快適な毎日を手にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿