気血の流れを整えて水虫を撃退!歯ブラシを使った足マッサージ

湿気の多い日本では、靴を履く文化が定着してから水虫に悩む方も多くなりました。近年では女性の患者も増えてきているそう。その要因は女性も外で働く機会が増え、靴を履いている時間が長くなっていることや、比較的暖かい時期でもおしゃれのためにブーツを履く女性も多くなっていることにあるでしょう。

一度水虫になってしまうと、完治するまでに時間がかかるため、なるべくならないように注意したいものですよね。水虫の原因は白癬菌というカビ菌です。この菌は人間のアカや分泌物、湿気の多い状態を好みます。ムレやすい靴の中は菌が繁殖しやすい環境というわけ。

スポンサーリンク

東洋医学の観点からみると、水虫で悩む方の共通点は意外にも「冷え」にあるそうです。足の気の流れ、血の流れが滞っているために邪気が足にたまり、これが水虫の原因になると考えられているそう。この気血の流れをスムーズにすることで、水虫などの足のトラブルはなくなるであろう、とのこと。

足の血行をよくするためにおすすめなのが、歯ブラシを利用したマッサージです。使い古しの少し毛がやわらかくなった歯ブラシで試してみてください。

やり方は、歯ブラシのヘッドの1/3~1/2に歯磨き粉(ペースト状のもの)をつけ、手のひらを使って泡立てます。泡立てた歯ブラシで、足の指の間を丁寧にみがくような感じでそれぞれ10回ずつこすり、足の裏全体もまんべんなくこすったら、足を洗い流して終了です。こするときはあまり力を入れすぎないように注意してください。皮膚を傷めるおそれがあります。

歯磨き粉に含まれるハッカの成分は、末梢血管の拡張作用もあるため、血行が促進されます。この歯ブラシによるマッサージで足の気血の流れがスムーズになり、歯磨き粉で足の汚れもとれるので、菌の繁殖を防ぐことができます。ハッカの刺激が強すぎるという方は、石鹸で行ってください。

血行もよくなり、足の汚れをすみずみまで落とすことができるので、マッサージ後はかなりすっきりします。気血の流れを整えて、健やかな足をキープしましょうね。

スポンサーリンク

カテゴリー

最近の投稿